1. Home
  2. STYLE
  3. 1日5秒の新習慣。汚れを溜めない「予防家事」でいつでもキレイ

1日5秒の新習慣。汚れを溜めない「予防家事」でいつでもキレイ

1日5秒の新習慣。汚れを溜めない「予防家事」でいつでもキレイ

正直に言うと、掃除はしたくない。だからこそ汚れを溜めない生活が理想です。汚れを溜めないためには、毎日ちょこっと掃除すればOK。そこで「予防家事」という新習慣を提案してくれるのが、ハウスキーピングの新ブランド「Once a day(ワンスアデイ)」(=1/d)です。

お掃除が続く仕掛けがいっぱいのプロダクト

その名の通り、1日1回、5秒だけでできる手軽な予防家事の「習慣化」を応援してくれるラインナップ。シリーズファーストアイテムとして登場した「食卓(Table)」、「台所(Kitchen)」、「排水口(Sink)」で使うスプレーボトルタイプの洗浄剤と、さらに1日使い切りサイズがうれしい「不織布の1日ふきん(Cloth)」。

201708_onceaday_01.jpg

スプレーボトルには、1か月分の目盛りが刻まれたスクラッチシール付き。掃除をするごとに、目盛りを爪で削ると色が見える仕掛けになっています。ポイントを溜めているようなワクワク感や、着実にノルマをこなしている満足感が得られそう。

クロスは、パッケージに減り具合が大まかにわかる目盛りが付いていて、掃除をした日数の目安にすることでお掃除習慣を見える化。お掃除を続けるモチベーションを高めてくれます。

201708_onceaday_02.jpg

なかでも、この時期とくに気になるのは、排水口用ぬめり予防洗浄剤です。

201708_onceaday_03.jpg
「1/d for Sink 排水口用ぬめり予防洗浄剤の会」月1セット / 680円(税別)

キッチンの排水口は、排水トラップのぬめりが原因で臭いに悩まされることも。とはいえ排水トラップまで毎日しっかりと掃除するのは一苦労。そこでこの予防洗浄剤を1日1回使えば、ぬめりが防止されるのだとか。洗い流しは不要で、直接手でふれることなく、シュッとするだけでお手入れできるなんて最高です。

排水口掃除の不満が解消されたら、キッチンの油汚れも予防したくなります。

201708_onceaday_04.jpg
「1/d for Kitchen 台所用油汚れ洗浄水の会」月1セット / 680円(税別)

コンロまわりグリルなどにハネた油や汚れは、見るだけでブルーになります。ギトギトになるまえに予防しておきたいもの。そこで使えるのが台所用油汚れ洗浄水。シュッと吹きかけて、軽くふきあげるだけで大丈夫。すでに汚れた箇所に使っても、汚れがスッキリ落ちるとか。

キッチン回りの汚れがきれいになったら、次は食事をするテーブル用洗剤もほしくなります。

201708_onceaday_05.jpg
「1/d for Table 食卓用洗浄水の会」月1セット / 680円(税別)

食卓はいつもきれいにしておきたいもの。水拭きだけだと除菌できないし、手荒れするほどの洗浄剤は使いたくない。この100%水から作った電解アルカリ水は、手にもやさしいし、油汚れにも効果を発揮。もちろん除菌力もすぐれています。シュッと吹きかけて、クロスやふきんでサッとふくだけ。二度ぶきやふきん絞りの手間もかかりません。

これら3つのアイテムは、毎日のほんの一瞬で予防できるのに、子どもやペットにもやさしい洗浄剤です。大きさもコンパクトでスタイリッシュなカラーだから、出しっぱなしでも違和感ありません。それぞれを使う場所に置いておけば家事導線が短くなり、リズムも生まれそう。さらに1回使い切りのクロスを一緒につかえば、家事がもっとラクになります。

「予防家事」という新習慣を取り入れるだけで掃除の時間が減り、毎日をより楽しく過ごせそうです。

Once a day(ワンスアデイ)

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    2. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    3. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    4. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    5. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    8. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    9. 高反発なのに、マシュマロのように柔らかい「極上枕」

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    2. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    5. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    6. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    7. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    8. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    9. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. すっぱいにおいは健康の証。おりものって何ですか?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    1日5秒の新習慣。汚れを溜めない「予防家事」でいつでもキレイ

    FBからも最新情報をお届けします。