1. Home
  2. BODY
  3. 間違った睡眠の思い込みしてるかも? ちょっと意外な快眠の常識

間違った睡眠の思い込みしてるかも? ちょっと意外な快眠の常識

疲労回復 ー疲れとうまく付き合うためにー

クリハラチナツ

間違った睡眠の思い込みしてるかも? ちょっと意外な快眠の常識

夏は寝苦しく快眠環境が整いにくいもの。そんな中でも自分なりによく眠るためのコツ、というものがあるという人も多いのではないでしょうか?

その睡眠のコツ、もしかしたら間違い?

なんとなく持っている睡眠のコツがじつは間違っている、となったらちょっとショックですよね。「ライフハッカー(日本語版)」に睡眠に関して完全に間違っている10の思い込みが紹介されていました。これは私自身も快眠の常識、と思っていたのに違っていてびっくり。その中でもとくに驚いた3つをあげてみました。

1. 誰でも毎晩7~8時間の睡眠が必要

定番中の定番だと思っていた最適睡眠時間7〜8時間。誰でもというわけではなく人によって必要睡眠量は違うようです。国立睡眠財団では年齢別推奨睡眠時間を提示しています。それによると例えば18歳から64歳の成人の推奨睡眠時間は7時間〜9時間なのだとか。適正な睡眠時間というのは思っていたより長いのかもしれません。

ある調査によれば睡眠時間が8〜9.5時間の人たちは、翌日の機嫌が良くなると報告されているそう。毎日4〜5時間睡眠なんていうのはご機嫌がナナメでも仕方のないことかもしれません。穏やかでいるために睡眠時間は大切にすべきと反省です。

2.朝型タイプと夜型タイプがある

朝型の人というと、仕事ができるビジネスマンというイメージがありましたが、それは睡眠サイクルの問題とのこと。人によって日中のどの位置にエネルギーが高くなる時間帯があるか、という違いがあるということで朝型、夜型、と決めつけるものではないのだそう。

朝の方がイメージが良く得してる感じに見えますが夜型も生産性は変わらずなのだとか。私もそうですが自分は夜型、と思っていた方はすこしホッとするのではないでしょうか。

3.平日の寝不足は週末たっぷり寝れば補える

土日のお休みにしっかり寝溜め......。平日の寝不足をここぞとばかりに挽回しようとしていませんか。残念なことにそう簡単にはいかないよう。そんなことをしてしまうと、ひどいことに来週はもっと眠くなるなんて可能性も。

解決策は週末寝坊をするのではなく、普段より早く寝たり、午後に昼寝をすることなのだそう。2度寝は幸せなものですが、だらだらと起きるのを遅くすればいいというものではないようです。

8時間睡眠をとることにすると1日の中で3分の1もの時間。人間は眠らないと活動ができないわけですが、眠ることが決まっているならどうやって充実した睡眠時間を確保するかということはやはり大切です。ストレスや生活環境などから、マイナートラブルとして不眠を抱えている人も多い時代。すこしでも快適な眠りのためにできることがあるなら正しい知識を身につけたいものですね。

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた