1. Home
  2. EAT
  3. 甘みとうまみがアップ! 簡単「干しゴーヤ」の作り方

甘みとうまみがアップ! 簡単「干しゴーヤ」の作り方

1,931

片岡理森

甘みとうまみがアップ! 簡単「干しゴーヤ」の作り方

夏野菜の王様といえば、ゴーヤビタミンCが豊富で、肌荒れ疲労回復風邪の予防にもいいと言われているので、旬のいまは積極的に食べたいところ。でも、ゴーヤチャンプルーくらいしか食べ方がわからず、スーパーではいつもスライスされた少量パックを買っていました。

伊勢丹新宿店フレッシュマーケット鈴木理繪シェフによると、沖縄や九州などゴーヤがたくさん採れる土地では「干しゴーヤ」にして食べるのがのおなじみなのだとか。

切って干すだけ。「干しゴーヤ」の作り方

1. ゴーヤを輪切りにして、ザルに並べるゴーヤは洗って水気をふき、5㎜幅の輪切りにする。ザルに重ならないように並べる。「種もワタもついたまま切ってOK。カラカラに干すと、種はカリッとした食感になり、そのまま食べても美味しいですよ」(鈴木シェフ)

20170802_driedgoya_01.jpg

2. 好みの状態になるまで「半日干し」か「1日干し」にする風通しが良く天日に当たる場所に置き、半日~1日以上干す。「時間が経つにつれて、見た目、食感が変化していきます。生のゴーヤを5㎜厚さに切ると次第に水分が抜け、半日干しで3㎜厚さに。さらにカラカラに干すと1㎜厚さになります。好みの状態になるまで干しましょう」(鈴木シェフ)

20170802_driedgoya_02.jpg

(「FOODIE」より引用)

苦みが気になるゴーヤですが、天日干しで水分を抜くことで驚くほど苦みがやわらぎ、代わりに甘みやうまみがギュッと凝縮。種やワタも、干しゴーヤなら丸ごと美味しく食べられるのだそうです。

干し時間別のおいしい食べ方

・軽い苦みと食感が残る「半日干し」はピカタに

20170802_driedgoya_03.jpg

卵に粉チーズを加えたものに、半日干したゴーヤをからめて両面を焼いたピカタ。半日干しのほどよいゴーヤの苦みと、卵の甘みが相性抜群。水っぽくないのでお弁当のおかずにも。ほかにも、冷やし中華や冷製パスタなどにそのまま加えてもおいしいようです。

・「1日干し」はゴーヤの出汁を活かした味噌汁に

20170802_driedgoya_04.jpg

1日干しのゴーヤはそのまま味噌汁の具に。うまみのあるゴーヤの出汁がとれ、実もふっくら戻り、苦みはなく甘さを感じられるようです。油揚げやみょうがとも相性良し。ほかには、マリネに加えたり、キャベツと豚肉のみそ炒めにも。

予想以上にアレンジ力のあったゴーヤ。丸ごと買っても、干すことでうまく使い切れそう。夏には日差し除けのグリーンカーテンとして育てて、たくさん採れたら干しゴーヤとして保存しておくのが賢い方法かもしれません。

FOODIE

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析