1. Home
  2. EAT
  3. アーモンドが食べる紫外線ケアと言われる理由、その効率的な摂り方は?

アーモンドが食べる紫外線ケアと言われる理由、その効率的な摂り方は?

高田薫

アーモンドが食べる紫外線ケアと言われる理由、その効率的な摂り方は?

紫外線対策どんなことをしていますか? 最近注目しているのは、食べものでからだの内側から行う紫外線ケア。さまざまな食材の中でも、とくにアーモンドを食べることが効果的なのだそう。

アーモンドが紫外線対策によい理由

紫外線を浴びる量が多い夏は、からだにとって有害な物質を含む紫外線からからだを守ろうとするため、体内に活性酸素がたくさん生み出され、酸化(=老化)が進みます。シミやしわ、肌の乾燥など、紫外線で肌が老化するのは、この活性酸素のせいなのです。

アーモンドには、この活性酸素を抑えるビタミンEがたくさん含まれているほか、紫外線から肌を守ってくれるケルセチンも豊富。ケルセチンは、野菜や果物に含まれているポリフェノールです。抗酸化作用があり、これが体内で働くことで、紫外線による酸化を防いでくれます。

アーモンドの脂質は酸化しにくい脂肪酸

ナッツを食べるときに気になるのが脂質ではないでしょうか。一般的に脂質は酸化することによって老化が起こりやすくなると言われています。でも、アーモンドに含まれるオレイン酸は酸化しにくい脂肪酸なので、脂質=酸化にはならず、安心して食べることができます。おいしいので、つい食べ過ぎてしまうアーモンドですが、1日に食べる量は、20~25粒ほどが目安です。

アーモンドの栄養を効率よく摂取する方法

そのまま食べてもおいしいアーモンドですが、栄養をしっかり摂取するには、よく咀嚼して食べることがポイント。とはいえ、多くの人は、噛んでいる間に飲み込んでしまいがちです。

そこで飲む紫外線ケアには、アーモンドミルクが手軽に飲めておすすめです。アーモンドミルクは、水に浸したアーモンドを細かく粉砕し、水を加えて濾しているので、アーモンドの栄養を余すことなく摂りいれられるのです。

紫外線対策なら朝にアーモンドを食べる

摂る時間によっても効果の違いがあるよう。紫外線対策でアーモンドを摂り入れるなら、朝がおすすめです。紫外線が多く、体内に活性酸素が発生する朝にアーモンドを摂取することで、活性酸素を除去。紫外線による酸化を防いでくれるのです。牛乳の代わりに朝食にアーモンドミルクを取り入れてみるのもいいのでは。

料理やお菓子づくりにもアーモンドミルクは大活躍

20170802_almond1.jpg
濃いアーモンドミルク(ほんのり黒糖入り、香ばしロースト)125ml 希望小売価格138円(税別)

そのまま飲むのも、もちろんおいしいですが、豆乳のように、料理やお菓子作りなど多彩に使えるアーモンドミルク。手軽に飲めるアイテムを展開する筑波乳業では「濃いアーモンドミルク」の飲みきりサイズ新発売にあわせて、ナッツの日(7月22日)から8月5日(土)まで「ナッツで夏美人グルメフェア」を開催中。東京、神奈川、大阪、茨城の17の飲食店でさまざまなアーモンドミルクメニューを楽しめます。アーモンドミルクをもっとおいしく活用するための参考になりそう。

この夏は、注目の飲む紫外線対策「アーモンドミルク」で、内側からキレイと健康をめざしてみませんか?

[筑波乳業株式会社]

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?