1. Home
  2. EAT
  3. 心躍るヴィーガンあんドーナッツ【TOKYO VEGANレシピ】

心躍るヴィーガンあんドーナッツ【TOKYO VEGANレシピ】

TOKYO VEGAN

1,251

大皿彩子 Saiko Ohsara

心躍るヴィーガンあんドーナッツ【TOKYO VEGANレシピ】

こんにちは、Vegan cafe「Alaska zwei(アラスカ ツヴァイ)」の店主でフードプランナーの大皿彩子です。東京・中目黒で"100年先もずっとたのしいVeganごはん"をコツコツと作っております。

Veganって、サラダばかり食べるんでしょう? と聞かれたことがあります。いえいえ、Veganの世界はとっても広い。スイーツに目がない方をドキドキさせる、魅力的なお菓子もたくさんあります。

昨年ベルリン滞在中に何度も通ったカフェには、レモンケーキ、ブルーベリータルト、チョコレートマフィン、オートミールクッキー......胸躍るスイーツの数々の全てに「VEGAN」のタグがついていました。

不思議なことに、Veganのお菓子って、たくさん食べてもお腹が重くならないので、あれもこれもと試しては、その味に歓喜しました。

そんなわけで、卵やバターも大好きなわたしですが、毎日のおやつに、Veganのお菓子を選ぶ機会が増えています。

今日は、ひとつ食べると止まらない、ドーナッツのレシピをご紹介します。ワンボウルで簡単なあんドーナツ! お子さんと一緒に作っても楽しいですよ。ぜひお試しください。

ヴィーガンあんドーナッツ

20170731_tv_t1.jpg<材料>(5〜6個分)

・薄力粉 100g・おから(生または乾燥) 50g・甜菜糖(砂糖でも可) 20g・ベーキングパウダー 4g・無調整豆乳 50〜80g・粒あん 150〜180g・菜種油(または米油) 適量

<作り方>

(1) 粒あんを25〜30gずつ丸めておく。鍋に油を入れ、160度程度に熱しておく。(油の温度が高くなりすぎないように注意)(2) ボウルに、薄力粉、おから、甜菜糖、ベーキングパウダーを入れてよく混ぜる。全体がまとまるように、豆乳を少しずつ加えながら混ぜる。水分量が多すぎると丸めにくいため、おからの水分に合わせて豆乳の量を調整する。(3) スプーンで、(2)の生地を手に取り、(1)の粒あんを包んで油に入れる。(4) こんがりと色づくまで揚げ、油をきる。

卵の代わりに、おからが生地をまとめてくれます。おからは油を吸いにくいので、ヘルシーに揚がります。

表面さっくり、中はしっとり。おうちの新鮮なオイルで揚げるから、お店よりも美味しいかも!? 揚げたてを、召し上がれ。

Vegan(ヴィーガン)とは、完全菜食。動物性ものを一切使わないライフスタイルや、そのような食事のことをさす言葉。

本連載『TOKYO VEGAN』では、おうちでつくれるVeganレシピのほか大切にしていているおいしい野菜や調味料、世界のVegan事情についてなどをゆるゆると綴っていきます。

次回は、ベルリンVeganレポートをお届けします。

Profile:大皿彩子 Saiko Ohsara

20170613_tv_pro.jpgAlaska zwei 店主 / 株式会社さいころ食堂 代表"おいしい企画"専門のフードプランナー。VeganカフェAlaska zweiの運営のほか、食に関わるブランドプロデュース、レシピ開発、空間コーディネート、イベントのトータルコーディネート等を行う。saikolo.jp

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?