1. Home
  2. EAT
  3. からだにひんやり染みる。トウモロコシと枝豆のビシソワーズ

からだにひんやり染みる。トウモロコシと枝豆のビシソワーズ

コンディショニング・ケア

つちだ縁(ゆかり)

からだにひんやり染みる。トウモロコシと枝豆のビシソワーズ

続く暑さで食欲があまりわかない。そんなときこそ、栄養満点の冷たいスープでスタミナ&エナジーチャージしませんか?

今回は、ジャガイモに旬のトウモロコシ、枝豆、豆乳を加えて、冷製スープ「ビシソワーズ」を作ります。ポイントは、美味しいトウモロコシと枝豆の選ぶところから。

旬のトウモロコシは、鮮度が命!

トウモロコシの旬は6~9月。野菜の中では高カロリーで糖質、タンパク質が主成分。胚芽の部分にはビタミンE・B1・B2、カリウム、亜鉛、鉄などの栄養が詰まっています。セルロースが多く食物繊維が豊富なので腸をきれいにする効果も期待できます。

収穫して24時間経つと栄養も味も半減してしまうため、新鮮なうちに食べるのがおすすめ。買ってすぐに加熱して冷凍すれば美味しさも栄養もそのまま保存できます。また、缶詰めと生の栄養は変わらない! のですが、物によっては塩分が多めなので注意が必要です。

畑のお肉、新鮮な枝豆の選び方

枝豆は、大豆が熟す前の未熟果で、7~9月が旬。畑のお肉と呼ばれるほど良質のたんぱく質と糖質、脂質、ビタミンB1・B2、カルシウムが豊富です。大豆にはないビタミンCと葉酸も多く体の成長促進、貧血予防などに効果が期待できます。枝豆も鮮度が命。枝から切り離されると一気に味が落ちてしまうので、枝付きの物を購入しすぐに茹でるのがおすすめです。選ぶポイントは、枝の隙間が狭く、密集しているもの。うぶ毛がキレイについているものが新鮮な証です。

美味しい枝豆の茹で方は、沸騰してから4分

新鮮な枝豆を手に入れたらすぐに茹でましょう。茹でるときは、さやの両端をカットすると塩味がしみこみやすくなります。多めの塩でもみ、産毛を落とししばらく置いてから、たっぷりの沸騰したお湯に塩と塩もみした枝豆をそのまま入れ、さらに沸騰してから4分で茹でたらザルにとり自然に冷ませば美味しい茹で枝豆の出来上がりです。

「トウモロコシと枝豆のビシソワーズ」レシピ

20170728_vichyssoise_2.jpg<材料>4人分トウモロコシ(実だけ) 90g枝豆(剥き実) 90g玉ねぎ 90gジャガイモ 90gバター 10g

(材料A)昆布だし 200ccローリエ 1枚トウモロコシの芯 1本コンソメ顆粒 小さじ2

(材料B)豆乳 300cc塩、コショウ 少々

(仕上げ)アマ二オイル 小さじ1生クリーム 少々粒黒コショウ 少々

<下準備>・トウモロコシは皮とひげを外し、実と芯に分けておく。・枝豆は茹で、さやから実を取りだしておく。<作り方>

(1)鍋にバター、繊維に逆らって薄切りにした玉ねぎ、皮をむいて薄切りにしたジャガイモ、トウモロコシの実、枝豆の剥き実、塩を少々(分量外)を加え、中火で焦がさない様に炒める。玉ねぎがしんなりと透明になるまで炒める。

20170728_vichyssoise_1.jpg(2)さらに材料Aを加え、蓋をして弱火で10分煮込む。(3)粗熱をとって、ミキサーにかけてザルで裏ごしする。(4)材料Bを加えてほんのり温めて味を調える。(冷たいと塩が溶けにくい)(5)しっかりと冷やして、器に注ぎ豆乳を少し垂らして模様を付けブラックペッパーを散らして完成。

ビシソワーズを美味しく作るポイント

・スープの濃度は、トウモロコシからのでんぷんで冷えると、とろみが強くなります。濃度を薄める際は、冷たいスープに冷たい豆乳を少量ずつ加えてみましょう。・枝豆とトウモロコシは冷凍のものや缶詰でも代用できます。

参考文献:「からだにおいしい野菜の便利帳」高橋書店

>>「旬を楽しむレシピ」をもっと読みたい

(フードコーディネーター・料理のツボ研究家 つちだ縁)

    regularbanner

    Ranking

    1. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    2. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    5. お酒をやめるとやせますか? 3か月の禁酒で5.4kgの成功例は

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?