1. Home
  2. SPORTS
  3. いつでもどこでも本格的なヨガが無料で学べる、ナイキの新しいヨガワークアウト

いつでもどこでも本格的なヨガが無料で学べる、ナイキの新しいヨガワークアウト

いつでもどこでも本格的なヨガが無料で学べる、ナイキの新しいヨガワークアウト

ヨガを習いたいけどジムに行く時間がない。自分の好きな時間に本格的なヨガを習得したい。そんな女性たちに朗報です。

"究極のパーソナルトレーナー"として「NIKE(ナイキ)」が提供しているアプリ「NIKE + Traning Club」のメニューに、待望の"ヨガ"が加わりました。

世界最高のトレーナーとヨギーが開発

20170724_nike-4.jpgナイキのヨガワークアウトは、世界でも最高のトレーナーとヨギ―たちと協力して作られたプログラムで、所要時間は15分から45分。これからは無料アプリ「NIKE + Traning Club」(以下、NTCアプリ)に含まれているので、スマホさえあればちょっとした空き時間に、そして帰宅後にゆっくり、自分のスケジュールにあわせたヨガワークアウトを選ぶことができます。

それぞれのヨガワークアウトは、NTCアプリの他のプログラムと同様に、以下の3つのコアカテゴリーに分かれています。

(1)ストレングス(筋力をつけるトレーニング)・・・ポーズを長く保つフローを含む、筋力を高めるためのワークアウト(2)エンデュランス(持久力をつけるトレーニング)・・・スタミナを養うためのワークアウト(3)モビリティ(機動力をつけるトレーニング)・・・緊張を取り除き、メンタルの充電に役立つ、回復のためのワークアウト

どのコアカテゴリーも初心者から上級者にまで対応しているので、自分にあうプログラムが選べます。

「ナイキの目標は、多くの人をより良いアスリートにすることです。そのため、人生のさまざまなことに対処できる心や体を作ることを目標としたプログラムを開発しました」と、ナイキのマスタートレーナーで、アプリすべてのヨガプログラム開発に関わったブランデン・コリンズワースは話します。

NTCアプリの新しいヨガフローのデモは、NYCに拠点を置くヨガインストラクターのトレーシー・コープランドとクリッシー・ジョーンズによるもの。その健康的な肉体美と美しいフォームに、見ているだけモチベーションが高まります。

ヨガに最適な"ブラ"でバストをサポート

20170724_nike-3.jpgスポーツをする楽しみをより盛り上げてくれるのが「ウエア」の存在。とくにNIKEは"ブラ"にこだわっていて、スポーツ強度にあわせた「NIKE BRA COLLECTION」を展開しています。

ヨガやウォーキングなどには「Light Support」、ランニングやダンス、ジムトレーニングには「Medium Support」。そしてテニスやフットボール、バスケットボールなどのハードなスポーツには「High Support」という3つのカテゴリーを用意し、女性のバストをサポートし、スポーツのパフォーマンスを最大限に引き出します。

ヨガをするときにつけたい「Light Support」として展開する2017年秋冬の新作は、2種類。

20170724_nike-2.jpgナイキ ロゴ バック ブラ 4,860円(税込)

「ナイキ ロゴ バック ブラ」は、通気性に優れたクロスバックのバンドがヨガ中の動きをサポート。アンダーバストはNIKEのロゴが入った幅広でやわらかく伸縮性の高いバンドがしっかりフィットします。取り外し可能なバッドも入れられます。

20170724_nike-1.jpgナイキ インディ クーリング ブラ 5,400円(税込)

「ナイキ インディ クーリング ブラ」は、伸縮性と速乾性に優れた素材と取り外し可能なパッドを採用。レーサーバックのストラップで、自然な動きをサポートします。

ナイキの店舗では、正しいブラをフィッティングして選べるほか、直営店などで行われているライブセッションに、ヨガもスタート。ショップでもアプリもさまざまなヨガの楽しみが用意されています。スタイリッシュなブラとメニュー豊富なNTCアプリを大いに活用して、ヨガのある健やかな毎日を送りましょう。

NIKE+ TRAINING CLUBアプリ(アンドロイド版/iOS版)NIKE+ TRAINING CLUB ライブセッション

ナイキ

大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    3. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    4. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    5. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    6. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    7. 糖質オフ・制限の基本と効果的に行うポイントは?

    8. ダイエット&冷え対策! もち麦入り、具だくさんの食べるスープの作り方

    9. 「糖質制限ダイエット」管理栄養士に聞く効果と方法【完全版】

    10. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    3. 更年期が始まる年齢は、食事が関係している?

    4. エリザベス女王の食習慣。健康でご長寿なのは、ヘルシーな食事のおかげ?

    5. 7月10日は納豆の日。納豆をもっと効果的に食べる5つの方法

    6. 長子はIQが高い? きょうだいの生まれ順が、あなたの性格に与える影響

    7. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 【7月の新月】自分を知るための特別なタイミング

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    3. 麺類を食べても太らない3つのコツ

    4. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    5. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    6. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    7. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    8. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

    9. 人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

    10. しこりだけじゃない? 疑うべき乳がんのサイン4つに気をつけて

    いつでもどこでも本格的なヨガが無料で学べる、ナイキの新しいヨガワークアウト

    FBからも最新情報をお届けします。