1. Home
  2. STYLE
  3. ビッグウェーブと津波の違いって? ビーチへ出かける前に知っておきたい海のこと

ビッグウェーブと津波の違いって? ビーチへ出かける前に知っておきたい海のこと

ビッグウェーブと津波の違いって? ビーチへ出かける前に知っておきたい海のこと

先日、ハワイへ行ったときのこと。たまたま「キングタイド」という特大な大潮の日にあたり、ビーチで泳いでいると、津波を思わせるような強い引き潮に、何度も体が沖へ引っ張られそうになりました。このとき、「自分だけは大丈夫」なんてことはない、と確信。毎年必ずどこかでおこる海での事故から身を守るために、あらためて海のこと、波のことを知っておこうと思います

津波の速度はジェット機と同じ

津波防災の合図である「オレンジフラッグ」を普及する津波防災プロジェクト# beORANGE 」によると、まずはビッグウェーブと津波の違いを知っておくことが大事、とのことです。

<ビッグウェーブを含む、津波でない普通の波>

20170724_tsunami1.jpg

・海域で吹いている風によって発生し、海の表面だけが上がったり、下がったりする

・1つの波は数メートル〜数百メートル

<津波>

20170727_wave_img02_1.jpg・地震などの海底の上下運動によって海面全体が動く

・1つの波が数キロ〜数百キロと大きい

(「 # beORANGE 」より引用)

津波は、水深が深いところほどスピードが速く、水深5000mでは、 時速800kmにもなるそう。これは、ジェット機とおなじくらいのスピードです。陸地近くでも、オリンピックの100m走選手と同じくらいのスピードになるそうです。

沿岸部では津波対策が進んでいる

では、どうやって津波対策をすればいいのでしょうか。

1. 避難の合図「オレンジフラッグ」が立っていないか注意する

海水浴やマリンスポーツができる浜で「オレンジフラッグ」が掲げられていたら、それは「避難して」 という合図です。泳いでいたら陸にあがりましょう。

2. 津波避難ビルなどの高くて安全な場所に逃げる

「津波が来たら高い場所へ逃げる」という認識をお持ちの方は多いのですが、「津波避難ビル」の存在はあまり知られていません。いま全国の沿岸部では、津波のおそれがあるとき、一時的な避難場所となる「津波避難ビル」の普及が進んでいます。津波避難ビルがどこにあるかは、自治体のサイトで確認できます。津波避難ビル案内マークのイメージ(総務省消防庁)はこちら

「自分だけは大丈夫」がいちばん危ない

なによりも大切なのは、「津波のおそれがあるときは、とにかく逃げること」。自分は大丈夫という考えは、まず払拭することが大切だそうです。

私もキングタイドに遭遇するまでは「泳げるから大丈夫」と思っていました。でも実際は、大潮による波クラスでも一瞬すくんでしまう怖さがありました。津波は、いつどこでやって来るかわかりません。これからは、いつも「万が一」の意識をもちながら、気持ち良く海で遊ぶことにします。

# beORANGE

image via Shutterstock

力武亜矢

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン