1. Home
  2. BODY
  3. 毛細血管の老化=肌老化は「タイツー(Tie2)」作用で若返る!

毛細血管の老化=肌老化は「タイツー(Tie2)」作用で若返る!

カラダ戦略術

9,496

増田美加

毛細血管の老化=肌老化は「タイツー(Tie2)」作用で若返る!

前回、毛細血管の老化による"ゴースト血管化(血液が届かない抜け殻の血管)"が、肌老化(シミ、シワ、くすみ、たるみなど)や薄毛、そのほか、むくみ、疲れ、肩こり、頭痛、冷え症、眼精疲労、関節痛、生理痛、もの忘れ、アレルギー、さらにはメタボリックシンドローム、動脈硬化、糖尿病など、体の不調や病気に大きくかかわっていることを紹介しました。

毛細血管をゴースト化させるのは老化だけではない!

毛細血管の老化は、加齢によるものが多いのですが、加齢以外に毛細血管がゴースト化する3大要因としては、①運動不足 ②太り過ぎ ③食べ過ぎ、があります。

運動不足、太り過ぎ、食べ過ぎは、健康に悪いのはもちろんですが、それだけなく毛細血管の老化を促進してゴースト血管化する要素にもなるのです。

この毛細血管のゴースト化を防ぐ方法が、毛細血管を修復する作用をもっている、血管の壁細胞の"タイツー(Tie2)受容体"を活性化することでした。

タイツー(Tie2)を活性化することによって、毛細血管が安定してよみがえり、若返ると、肌や体にさまざまな効果が期待できます。

タイツー(Tie2)活性化で美肌、美髪、不調改善にも

タイツー(Tie2)が活性化して、毛細血管が修復されることで、酸素や栄養分が正常に肌細胞に送られます。すると、ターンオーバーが正常になり、コラーゲンやエラスチンなどのうるおい成分を作り出す繊維芽細胞が元気になり、透明感ある美しい肌が作られます。

また、タイツー(Tie2)活性化で、髪の毛が美しくなる効果も期待できます。頭皮の毛根の下には、毛細血管が網の目のように走っているからです。

さらに、タイツー(Tie2)活性化にはダイエット効果もあります。血管が安定することで、リンパ管は余分な水分や老廃物をスムーズに回収できるようになり、セルライトがつきにくい体になります。血管が丈夫になれば、血行が促進されるので、冷えやむくみが解消されて基礎代謝もアップするので、太りにくく痩せやすい体に変わります。

このように、タイツー(Tie2)作用は、シワ、むくみ、くすみ予防、冷え改善、育毛、スリミング(痩せ作用)、アイ(眼)ケア、デトックス、メタボ予防、関節の健康維持、抗アレルギーなどが期待できるのです。

タイツー(Tie2)作用のあるサプリメントも続々登場

body_structure04_1.jpg↑ロングペッパーとも言われるヒハツ。body_structure04_2.jpg↑シナモンツリー。タイツー(Tie2)の効果は、タイツー(Tie2)活性化作用のある植物から得られます。ヒハツ(沖縄の長胡椒の一種)、シナモン(シナモンパウダーやシナモンステイック)、ルイボス、スターフルーツ、かりん、サンザシ、月桃葉、ハス胚芽などの植物です。

植物そのもので摂りにくい場合は、サプリメントや美容ドリンクの商品としても売られていますのでご紹介します。●宮崎県産ブルーベリー葉エキスとヒハツエキスを高含有「美活サプリメント タイツープラス」1-tie2plus.jpgタイツー(Tie2)作用のあるヒハツエキスに加え、ブルーベリー葉エキスも。ブルーベリー葉には、プロアントシアニジン(ポリフェノール)とキナ酸が豊富。さらに亜麻仁油(オメガ3)、サフラワー油(ビタミンE)、豚コラーゲンペプチド、ビタミンC、カルニチンを配合。厳選した天然由来の美容&栄養成分で健やかな美しさをサポート。120粒 5,000円。びおらいふ

●タイツー作用のあるヒハツエキスとプラセンタほかの美容成分「Bbリッチプラセンタドリンク」2_Bb.jpgタイツー作用のあるヒハツエキスのほか、プラセンタをはじめとするたっぷりの美容成分(コラーゲン、ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、エラスチンなど)健康美の素が体の隅々までチャージ。今すぐ何とかしたい人へ。ノンカフェイン。1本50㎖ 600円。ビービーラボラトリーズ

●タイツー作用のあるヒハツエキスとイチョウ葉エキス「養生®」食品 銀杏葉αbody04_3.jpgタイツー作用のあるヒハツエキスに話題のイチョウ葉成分も。イチョウの葉は欧米で古くから健康維持に取り入れられている素材で、天然フラボノイドや多彩な機能を持つイチョウ特有の成分のギンゴライドを多く含むことで最近注目されています。イチョウ葉エキス・アスタキサンチン・クチナシ抽出物・ヒハツエキス・天然ビタミンEを配合した、ソフトカプセルタイプのサプリメント。90粒入り 6,000円。全薬工業●タイツー(Tie2)活性化作用のある4つの植物エキス配合「Dr'sタイツー」4_Drs_pack.jpgタイツー(Tie2)作用のあるヒハツ、ハス胚芽、月桃葉、スターフルーツ葉を配合。むくみの原因は、毛細血管の老朽化。タイツー(Tie2)の活性に着目した『Dr'sタイツー』は、このタイツー(Tie2)を活性化させる4つの植物エキス、ヒハツ・ハス胚芽・月桃葉・スターフルーツ葉を贅沢に配合。さらに水分バランスをサポートするブッチャーズブルームも配合。62粒 6,500円。ジョイフルライフ

運動でも毛細血管の老化を防げる!

毛細血管に向かうはずの血液がとどこって、届かない状態が続くと、毛細血管自体が消失するゴースト血管になってしまいます。特に、手先、足先が冷たい人は、先端の毛細血管まで血液が行き届いていない証拠です。手先、足先が常に温かい状態をめざしましょう。

血流を常によくしておくことが、毛細血管のゴースト化を防ぎ、毛細血管の老化を予防するために大切です。タイツー(Tie2)作用のある植物を摂取することも大事ですが、運動で血流をよくすることで、毛細血管の老化を防ぐことができます。

血流を隅々まで行き渡らせるためには、有酸素運動が最適です。簡単なのはウォーキング。1日30分歩くことで効果が期待できます。このウォーキングは、30分一度に歩かなくても、10分を3回に分けてもOKです。朝の通勤時、昼休みのランチで、夜の帰宅時に...など10分を3回ならできそうですよね。また、ヨガやピラティス、太極拳(タイチ)などもゆっくりした動きの有酸素運動なのでタイツー(Tie2)作用が期待できます。

忙しくて運動の時間が取れない日は、深い腹式呼吸をしたり、入浴時に手先足先のマッサージをしたりして、末端まで血流を行き届かせることもしてみてください。

毛細血管まで常に血流を行き届かせること、これが美容と健康のキモになります!

mika_masuda.jpg増田美加(ますだ・みか)さん女性医療ジャーナリスト。2000名以上の医師を取材。予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ http://office-mikamasuda.com/

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由