1. Home
  2. STYLE
  3. 涼しさはほどほどに。体の芯を温める冷房対策アイテムまとめ

涼しさはほどほどに。体の芯を温める冷房対策アイテムまとめ

片岡理森

涼しさはほどほどに。体の芯を温める冷房対策アイテムまとめ

この時期、電車やオフィスなど、屋内の過剰な冷房が気になります。入った瞬間は涼しくて気持ちが良くても、しばらくすると汗が乾いて芯から冷えてしまうことも。真夏の冷房対策にぴったりの飲み物やアイテムを、マイロハスの記事のなかから集めました。

スープで内側から温める

20170724_warmup_01.jpg

プラスメディから発売されている「ON! 活スープ」。やさしく体内を温めながら栄養を摂ることができます。体温が1℃下がると、免疫力は30%低下し、逆に1℃上がると、一時的には最大5~6倍亢進するのだとか。人間の体温は36℃を下回ると免疫力が低下し、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまうという話も気になります。>>温活スープでからだを中からポカポカに。いまからはじめておきたい夏の冷え対策

ハーブティーで体内バランスを整える

20170724_warmup_02.jpg

日本人に合う和のハーブ、東洋のハーブにこだわって生まれたハーブティー「今古今」。冷えや滞りの原因の排出を促すもの、生活習慣病の予防になるもの、むくみ対策になるものと、3種類のブレンドがあります。体調と相談しながら選んで、デイリーのお茶として楽しみたい。カフェインレスなので、眠る前に体を温めるのにもよさそう。>>和食に合う「今古今」の和ハーブティーなら、体になじむ

ロングボクサーでお腹を冷やさない

20170724_warmup_03.jpg

オーガニックコットンを使った下着ブランド「JUBAN DO ONI(ジュバンドーニ)」のパンツ。おへそまですっぽり隠れるロングパンツは、やさしくお腹をつつみ冷えを防いでくれます。やわらかい肌触りで、締め付けフリー。どこまでも心地よく、おしゃれに履けそう。>>まるで履いてないみたい。ストレスフリーなパンツで心地よく

足首から温めるレッグウォーマー

20170724_warmup_04.jpg

足の冷えが気になるけど、靴下を履くとコーデに影響が出てしまう。そんなときは、ふくらはぎと足首を温めたい。肌に触れる内側部分は絹、外側は綿でできており、薄地なのに温かさを実現。オーガニックコットンを使用しているので肌が弱い人でも安心。アームカバーとしても使えて一石二鳥。>>何枚履きする? 冷えとり靴下でポカポカ足冷え対策

お手入れが簡単なスローケット

20170724_warmup_05.jpg

ゴッドランドシープの毛で作られたスローケット。レノリン(油)が豊富に含まれているので、手ざわりがよく、水をはじきます。メリノウールなどに比べると遊び毛が少ないのもうれしい。染色を行っていないので、自然な風合いが楽しめます。>>デンマークで愛されるゴッドランドシープの「スローケット」で冷房対策

温かい飲み物や羽織りアイテムなどを取り入れながら、野外と室内の温度差をうまく補って心地よく過ごしたいです。

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた