1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ひんやり冷たく心地いい。凍らせた花のエキスで肌を引き締める

ひんやり冷たく心地いい。凍らせた花のエキスで肌を引き締める

冠ゆき

ひんやり冷たく心地いい。凍らせた花のエキスで肌を引き締める

Consoglobe」によれば、アイスランドの伝統では、凍らせた植物エキスをコスメに使うそうです。それは、一言でいえば、冷たい氷を肌の上に滑らせる方法。涼も取れるとあり、日本の蒸し暑い夏にぴったりな美容法に思えます。

オーガニックのハーブを氷に閉じ込める

「植物はなんでも使えます。肌にいいと言われているものを選び、できれば出どころの分かっているもの、庭で栽培したものやオーガニックのものを使いましょう。」

(「Consoglobe」から翻訳引用)

同サイトが挙げる植物は、鎮静効果で知られるラベンダーや消炎効果のあるキンセンカの花、リフレッシュ効果のあるバラのつぼみなど。また、ハーブティーにもなるカモミールの花、ミント、タイム、ローズマリーなども並んでいます。

それぞれ、製氷皿にローズウォーターやラベンダーエキスを加えた水と、植物そのものを入れて凍らせるだけ。もしくは、濃い目のハーブティをつくって凍らせても構いません。

「これらの氷を薄いハンカチにくるみ、朝、顔の上に滑らせます。」

(「Consoglobe」から翻訳引用)

期待以上の心地よい清涼感

これを読んで、じつは私も手持ちのオーガニック・ルイボスティーで試してみました。その感想は、想像した以上の清涼感がとっても心地よい! というもの。収れん効果も期待以上で、一度氷を滑らせたあとの肌は我ながらすっきり引き締まったような感触があり、それがそのあと午前中いっぱい持続するように感じました

夏の一日をすがすがしい気持ちではじめる一助にもなるアイスランド風美容法。一度始めると癖になること請け合いです。

Consoglobe

image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    2. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    3. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    4. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    5. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    6. 深い友人関係を築ける人の特徴とは?

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    9. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    10. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?