1. Home
  2. MIND
  3. 考え過ぎはストレスのもと。心を開放する3ステップ

考え過ぎはストレスのもと。心を開放する3ステップ

3,348

片岡理森

考え過ぎはストレスのもと。心を開放する3ステップ

ひとつ自覚している自分の心のクセに「心配性」というのがあります。過ぎたことは気にしないのですが、先の計画を立てるとき、どんな状況になっても落ち着いて対処したいという気持ちから、極端に悪い場面まで想像してしまいます。

多方面から物事を考えられると、より良い選択ができる、理解が深まる、成功の度合いが高まるなど、良いことがたくさんありますが、その反面「考え過ぎる人は、昨日犯したミスのことで自分を責め続けたり、明日どうしたら成功できるか思い悩んだり、自分の考えから抜け出せないので、常に辛い状態のまま」という悪循環にはまるという心理療法士 エイミー・モーリンの言葉が気になりました。

考え過ぎを止める3ステップ

たしかに、常に考え事をしているのはストレスです。身体的にも、頭や肩がガチガチにこり固まってしまっている感じ。より良いアクションをしたくて考えを巡らせているのに、結果的に柔軟性が失われていたのかも。そんな「考え過ぎ」な状況から抜け出す方法があるようです。

1. すべてに「答え」があるわけではないことを受け入れる考え過ぎる人は、何か起こるとその原因や影響を探り当てようとする傾向があります。物事は、時として何の理由もなく起こったり、あまりにも複雑で関連性の無い理由で起こるので、それを解明しようとしても無意味です。すべてのことに明確な答えがあるわけではなく、どんなことにも「これ」といった原因が必ずあるわけではないということを受け入れるには、分析的に考える人にとっては多くの忍耐と精神を要します。しかし、これを受け入れる境地に達すると、人生はストレスがぐっと少なくなります。

2. 細かい段階を踏みながら大局的に考える考え過ぎる人は、未来に対する不安や1つの出来事に囚われてしまうので、総合的な物の見方ができません。ベストなアプローチは、大局的な絵を片目で見ながら、目標達成に必要な小さなステップを踏んでいくことです。たった1つのステップに囚われて前進できなくなってはいけません。同時に、大局にとらわれ過ぎると、目的もなくさまよい、必要なステップに集中できなくなってしまいます。正直言って、なかなか微妙なバランスですが、このバランスを取る価値は十分にあります。

3. 明確な「ビジョン」を持つ考え過ぎる人は、気が散りやすく横道にそれがちです。今日達成したいこと、あるいはこれからの人生で達成したいことに関する明確なビジョンを持つことが大切です。心が乗っ取られるような状況や出来事をやり過ごすには、自分の目標と人生のビジョンに集中できていてこそです。そうでないと、必要以上に考えても答えが出ない悩みや状況、出来事を嘆いてしまうことになるでしょう。

思い当たる節がたくさんありました。考える行為が悪いわけではなくて、「過ぎる」のが悪いということもよくわかりました。これからは、小さな障害をわざわざ大きな障害に仕立てるようなことは止めて、必要以上に考えを巡らす時間があったら、そのぶん前に進んで行こうと思います。

ライフハッカー(日本版)

image via shutterstock

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    3. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    7. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    8. 新連載「野菜をひと皿」。みずみずしい新玉ねぎの白バルサミコ漬け

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら