1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【マインド編】

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【マインド編】

コンディショニング・ケア

1,633

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【マインド編】

スキンケアを正しく行うのは当たり前。でもそれだけだと、きれいになることが義務のように思えてしまいます。素肌は一生を共にする存在だから、もっと楽しくスキンケアしたい。そう思っていたときに響いたのが、若手美容家・岡本静香さんの考え方。好きな美容を追求するほど美しくなれる、そんな「ポジティブスキンケア」についてうかがいました。

「ポジティブ美容」は続けたもの勝ち

大学2年生のときに始めたブログ「静香のメイク日記」が評判を呼び、美容ライターになった岡本静香さん。現在は雑誌やSNSで大人気の美容家となり、2012年からは「日本すっぴん協会」会長として様々な美肌メソッドを発信しています。

「とにかく化粧水と乳液は塗りなさい」という母の教えで、小学生のときから全身に「ジョンソン」のベビーローションとベビーミルクを塗り続けていたという岡本さん。間近でお会いすると、毛穴ひとつないなめらかで透明感あふれる肌に、ほんのりチークとみずみずしいリップが映えて、見とれてしまう美しさです。

岡本さん:「母には、身のこなしや話し方をこまごま注意されることもあって。当時は厳しいなぁって思っていたけど、客観的に自分を見る習慣をつけてくれたことを、今は感謝しています。

とはいえプロフェッショナルな方々の中では、私の美容はきっと『ゆるい』ほう。たとえばパリ出張でご一緒した美容家の石井美保さんは、脚がすごくお綺麗で。毎日マッサージしているとうかがって、『ええ!毎日!』と驚いたら、逆に『しないの?』とびっくりされてしまいました(笑)」

美しい人に会うたびに、自分も「やらなきゃ」と刺激を受ける。そして「自分ならどうすれば続けられるかな?」と考えるのが岡本さん。それ以来、毎日の脚のマッサージを心がけつつ、できないときのリカバリープランとして発見したのがヨガのポーズです。

岡本さん:おしりをできるだけ壁につけて、脚を壁に伸ばすようにして90度上げます。その姿勢で30分いると、完全に脚のむくみがとれるんです。しびれないようにちょっと動かしたり、あぐらの形にしたりはするんですけど。仕事が残っている時はメールチェックをしながらやったり、リラックスタイムと決めて瞑想をしたりと自由です。ヒールを履いて歩いた夜は、このポーズに助けられています」

自分に無理して続けるのではなく、楽しくて心地よくて、自然と続けたくなる方法を見つけることが、美人の近道。自分の「心地よい」に敏感になれば、もっとキレイになれる! というポジティブなエネルギーは、近著の『ふつうに過ごすだけでキラキラ変身していく』にもつまっています。

「自己流を見つける」ことこそが美肌の秘訣

「日本すっぴん協会」の会長として、自分のすっぴんを好きになれる「すっぴん美容」を提案している岡本さん。説得力のあるメソッドを伝えたいと、美肌を極めた人にインタビューを繰り返すうちに、自己流こそが美肌の秘訣と気づきました。

岡本さん:「自分のすっぴんに自信がある人って、なかなかいない。どうしたらそうなれるのか、肌の美しい人にたくさん話を聞いたら、みなさんこだわるところと、力を抜くところのバランス感覚が素晴らしくて。

そしてみなさま一度は肌荒れを経験されて、必死に治していくなかでいまの美肌を手に入れた、という共通点がありました。自分の感覚に鋭くなれば、合わないものをやめることができる。それが美肌の秘訣であり、自分のなかの選ぶ基準を確立すれば、きっとリラックスした『すっぴん美容』が見つかると思います」

自分のすっぴんが好きになれなくて、いつもなんとなく不満を感じている......。それは、自分の肌を意識して見つめる作業を怠っているからかもしれません。

岡本さん:「おすすめの意識改革テクは、『美肌アプリ』を使うこと。自分の顔を修正してみて、真っ先にいじりたくなるのはどこか?そこをスキンケアに落とし込むんです。目の下に線が入ってるとか、くすんでるとか。メイクも同じで、リップの色が足りないとか、前髪が割れてるとか、気づくことがいっぱいあるはず」

電車の窓に映った、お疲れ顔の自分をそのままにしない。ぼんやりでいいから「どこが気になる? どうしたらよくなる?」と考えてみる。悩みを具体的に頭のなかに残しておくだけで、正解に出会いやすくなる、と岡本さんは語ります。

「ちょっぴりストイック」がちょうどいい

最近、美容のコンサルティングをはじめた岡本さん。ブログとSNSで数名限定で希望者を募り、1か月密着してスキンケアとメイク、食事内容にまでわたるアドバイスをしています。

岡本さん:「自分に合うスキンケアが見つからない......という方に話を聞くと、効果は高いけれどその方の肌には刺激の強すぎるコスメばかり使っていたりします。敏感肌用のスキンケアコスメや、オーガニックコスメを購入できるお店を紹介したら、すごく肌状態が良くなりましたね。

忙しくてランチをとる時間がない......という方は、勤務地が渋谷だったので、ヒカリエにある『寝かせ玄米』のレトルトパックを売っているお店をお教えして。家でチンして朝おにぎりを作って、それをランチに食べる習慣をつけてもらったら、肌荒れがよくなったと喜んでくれました。アドバイスするのは大抵、それくらいならできる!といった簡単なことばかりなんです。

コンサルティングは実際にお会いして、考え方のクセや美容の歴史を聞き出すことから始め、SNSでやり取りしながら進めていくので、とにかく濃い期間です。でもずっとやりたかったことだから、やりがいがあって楽しくて」

参加者に共通していたのは、美容が好きでいろいろやっているのに、最近なんだか変われないと感じていたこと。大人になるほど、今までのお手入れでは満足できない、と感じる瞬間が増えてきます。そんな停滞感をおぼえたら、自分の固定観念を見直すタイミングなのかもしれません。

岡本さん「私、意識改革が趣味なんです。映画を見たときとか、自分の考え方がガラリと変わる瞬間がありませんか? あの感覚が好きで、『今週はあの映画の主人公になったつもりで生活してみよう』『あの本の著者の考え方を真似してみよう』とか、常に実験しています。そうしているうちに、悩みを引きずらない切り替え方や、柔らかな姿勢が身についていく。精神マッチョと呼んでいます。(笑)」

人生は長いから、いろいろな人になりきったらいい。柔軟性を持つといい発見があるのは、美容も同じ......と岡本さん。無理なことはやめる勇気を持って、自分に合うことを探して続ける、そんな「ちょっぴりストイック」がちょうどいいと教えてくれました。

美容家・岡本静香さんに聞くポジティブスキンケア、後編では岡本さんが注目するTipsと最新アイテムをうかがいます。

20170720_skincare_profile.jpg

岡本静香大学時代に始めた美容ブログ「静香のメイク日記」が支持を集め、現在は若手美容家として活躍中。2012年より日本すっぴん協会会長をつとめる。自分が使ったコスメ、してよかった美容など、20代30代の女性が知りたい等身大の美容情報が評判。著書に『ふつうに過ごすだけでキラキラ変身していく』(ダイヤモンド社)、『岡本静香のすっぴん美容』(光文社)など。

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「野菜から食べてもやせませんよ」教授が教える、太りやすい理由

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 睡眠不足は「がん」につながる? 主治医がよく聞かれる6つの質問

    4. 「朝ごはんを抜く人は早死にする」? 健康と筋肉に効く食事とは

    5. ビタミンB12が不足すると起きる9つのサイン

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. ストレス対策には、ヤケ食いより「ヤケ筋トレ」がおすすめ!

    1. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    2. 糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 子宮頸がん検診の受診率、意外な結果が...

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. コーヒー・紅茶は一日何杯まで? 老けない7つの食材&食べ方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    8. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?