暑い夏のお楽しみのひとつなのがビール。最近はクラフトビールが人気で種類が豊富になり、選ぶ楽しみも増えました。冷たいビールとベストマッチのおつまみを、マイロハスの記事のなかからピックアップ。

簡単エスニックの作り置き

20170718_beer_01.jpg

管理栄養士でパクチー料理研究家でもあるエダジュンさんが提案する、エスニック料理を独自にアレンジした、ごはんにもお酒にも合うレシピ。たっぷりの野菜にナンプラー、ヌクマム、オイスターソース、コチュジャンほか、食欲をそそるエスニック調味料を使ったメニューは夏に似合います。>>作り置きレシピの新定番。エスニック料理をお弁当に、おつまみに

定番の枝豆を焼き枝豆に

20170718_beer_02.jpg

枝豆は、タンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養素のほか、イソフラボンも含む女性にはうれしい食材。いつも茹でたものを食べてましたが、ごま油で焼くことで旨味が凝縮し、ひと味違う魅力が引き出されるのだとか。>>夏の新定番は、うまみ凝縮フライパンで「焼き枝豆」

ローズマリー風味のじゃがいも

20170718_beer_03.jpg

塩分を体外へ排出するじゃがいものカリウムと、オリーブオイルオレイン酸を合わせて摂れば、血液の流れを良くする効果が期待でき、動脈硬化や高血圧予防にも。にんにくやベーコンを加えてもおいしそう。>>ビタミンCたっぷり。新じゃがいもの作り置きレシピ3選

ルッコラとチーズのスコーン

20170718_beer_04.jpg

イタリアンでもよく見られるルッコラとチーズの組み合わせは相性抜群。ルッコラはビタミンCが豊富で、ほうれん草の約2倍。胃の健康を保つ効果、デトックス効果、美肌効果にも優れているそう。ピリ辛でデトックス効果もあるとなれば、お酒のお供にぴったり。>>朝食に、おつまみに、ピリッと辛いルッコラとチーズ

食感が楽しい鶏皮せんべい

20170718_beer_05.jpg

居酒屋の定番メニューですが、おうちでも簡単に作れるようです。弱火でじっくり火を入れると、鶏皮が自身の脂でゆっくり揚がっていきます。材料は鶏皮のみ、味付けも塩オンリーというシンプルさ。レモンをキュッと絞ってさっぱり食べたい。>>パリパリやみつき、止まらないおつまみレシピ

ハーブやスパイスの味わいを体が欲してくるこれからの季節、大活躍してくれそうなレシピばかり。ひとりでお酒を嗜むときはもちろん、だれかを招いて家飲みするときにも、パパッと簡単にできる手作りおつまみで居酒屋気分を味わえたら素敵。

image via shutterstock