1. Home
  2. EAT
  3. ディルが決め手。爽やかなドイツの定番キュウリサラダ

ディルが決め手。爽やかなドイツの定番キュウリサラダ

コンディショニング・ケア

4,010

山中友希帆

ディルが決め手。爽やかなドイツの定番キュウリサラダ

夏野菜の代表格、キュウリ。みなさんには好きなキュウリの食べ方、ありますか?

ドイツでキュウリといえばもっぱら「Gurkensalat(キュウリのサラダ)」。このサラダ、キュウリのほかに欠かせない食材(ハーブ)が入っているのですが、これがとてもいい仕事をしてくれるんです。

ディルを加えてキュウリサラダをワンランク上の味に

そう、ドイツのキュウリサラダは、相棒のディルがあってこそ。ディル特有の爽やかな香りの中にほのかに感じる苦み、これがさっぱり美味しくて、ついつい箸がすすんでしまいます。

このサラダ、ドイツの家庭では一般的なおかずで、外食でも魚料理や肉料理のつけあわせとしてよく出てきます。ディルは胃腸の調子を整える効果もあると言われているので、消化力が落ちがちな夏にぴったりと言っていいかもしれません。

<Gurkensalatの作り方>

(1) キュウリを薄切りにして軽く塩をし、水気を切っておく。(2) オリーブオイル、酢、砂糖、塩、こしょうと混ぜ合わせる(酢とオイルの割合は1:1ぐらい。酢の代わりにレモン汁でもOK)。

(3) ディルとタマネギをみじん切りにして、2に混ぜ入れる。(4) キュウリと(3)を合わせて出来上がり。冷やして召し上がれ。

上記はヴィネグレット(フレンチドレッシング)で仕上げるタイプですが、ヨーグルトで仕上げるタイプもよく見かけます。ドレッシングを作るところで、酢の代わりに水切りヨーグルトを加えると、まろやかで濃厚なこっくりとした味になります。

どちらもディルのほのかな苦みと、お酢あるいはヨーグルトの酸味、タマネギや砂糖の甘みがマッチした、夏らしい、涼やかなサラダ。作ってすぐ食べるのもいいですが、ヴィネグレットのタイプは一晩寝かせてなじんだものもマリネのようになってこれがまた美味しい! BBQのときなど、前の晩に仕込んだものを持っていって箸休めにふるまえば、必ず喜ばれる一品だと思います。

image via shutterstock

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら