1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ココナッツウォーターでプレシャンプー!? ハワイの夏ケア

ココナッツウォーターでプレシャンプー!? ハワイの夏ケア

コンディショニング・ケア

相原光

ココナッツウォーターでプレシャンプー!? ハワイの夏ケア

美容と健康に意識の高い人たちに人気のココナッツウォーターは、ボディケアだけでなく、ヘアケアにも効果があるのだそうです。ココナッツウォーターは、からだに吸収されやすいため髪のコンディションを整え、パサつきをおさえてくれます。また、ビタミンとミネラル、カリウムが豊富で、髪と頭皮に栄養を与え、髪をヘルシーに保つ効果も。

ココナッツウォーターで髪がしっとりサラサラに

20170711_hair2.jpg

ココナッツウォーターを使ったヘアケア方法は、意外と簡単。「stylecraze.com」によると、1/2カップほどのココナッツウォーターを髪につけて、頭皮を5分くらいマッサージしてなじませます。髪全体になじんだら、そのまま20分。蒸しタオルを巻くと、ココナッツウォーターの成分がより浸透するのだそう。そのあとは、ぬるま湯でシャンプーをして洗い流すだけ。

ココナッツウォーターの成分で髪がしっとりサラサラになり、乾燥やダメージの回復を助けてくれます。頭皮をマッサージすることで、フケや抜け毛の予防にも効果的。夏の強い日差しから髪を守るために、週に2、3回はこうしたナチュラルなトリートメントを取り入れたいものです。

ココナッツウォーターはナチュラルブランドのもの選ぶ

ハワイでは、ココナッツウォーターはとても日常的な飲み物。地元産のフレッシュなココナッツウォーターが、各地のスーパーマーケットで販売されています。

20170711_hair3.jpg

ファーマーズマーケットには、その場でココナッツの実をカットしてくれるお店があり、ココナッツの成分を配合したハワイオリジナルのヘアケア・スキンケア製品もたくさんみかけます。缶入りのココナッツウォーターは、どうしても缶の匂いが気になりますが、フレッシュなココナッツウォーターは、まったく別の味。とくに、暑い夏に飲むよく冷えたココナッツウォーターは格別!

最近は、日本でもハワイのナチュラルブランドのものが販売されています。保存料や香料の入っていない100%ピュアなハワイの味を気軽に味わえるのでおすすめです。

[ワイオラ・ココナッツウォーターstylecraze.com]

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由