1. Home
  2. EAT
  3. 甘いものが止まらない、だるい...その理由はカンジダかも【ポジティブ栄養学】

甘いものが止まらない、だるい...その理由はカンジダかも【ポジティブ栄養学】

ポジティブ栄養学

1,379

甘いものが止まらない、だるい...その理由はカンジダかも【ポジティブ栄養学】

「とにかく甘いものがやめられない! 」という女性はけっこう多いものです。バッグを開けると、つねにキャンディやチョコレートがスタンバイしている人もちらほら。こうしたタイプのなかで、つねにだるい、集中力がない、といったプチ不調に悩まされている方。もしかしたらその理由は、カンジダから来ているかもしれません

糖質が大好きなカンジダ菌

カンジダというと膣カンジダのイメージがありますが、菌自体は口の中から肛門に至るまでさまざまなところに存在する、常在菌といってもいいほどの存在でもあります。

このカンジダが腸の粘膜にいると、トラブルメーカーと化してしまうから困ったものです。しかもカンジダは糖質が大好き。カンジタを持っている人が甘いものをたくさんとると、腸を荒らしてしまうだけでなく、アセドアルデヒドを作ってしまうこともあります。

アセドアルデヒドといえば、そう、お酒を飲んだときに体内で作られる、二日酔いの原因物質。これを無毒化するためにがんばるのが肝臓です。つまり、甘いものを食べれば食べるほどカンジダが元気になってしまい、ますます肝臓に負荷をかけてしまうため、ふだんの仕事がまっとうできなくなることに......。

気になる人はドクターの力を借りても

ちなみに膣カンジダの経験がある女性は、腸にもいる可能性が高め。また、ピルや抗生物質を長期間使っていた人も気になります。もし心当たりがあるなら、糖質を控えるのはもちろん、栄養療法に明るいドクターの力を借りてみるのもいいかもしれません。

オーソモレキュラー.jp

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン