1. Home
  2. EAT
  3. ビールや白ワインは要注意。アレルギー反応を気にせず飲めるカクテルは?

ビールや白ワインは要注意。アレルギー反応を気にせず飲めるカクテルは?

2,528

冠ゆき

ビールや白ワインは要注意。アレルギー反応を気にせず飲めるカクテルは?

だんだん気温が上がってくると、冷たいアルコールを飲んですっきりしたい気分になることも多々。真っ先に頭に浮かぶのは、シードル、ビール、白ワインなどでしょうか。

けれども、実はこれらのアルコールは、アレルギー反応を起こしやすいという欠点があるのです。

ワインやビールのヒスタミン量に注意

白ワインとシードルには酸化防止剤が多く含まれ、赤ワインと一部のビールには、ヒスタミンが多く含まれます

(「Asthma UK」より翻訳引用)

酸化防止剤もヒスタミンも、アレルギー反応を引き起こす要因になり得ますから、アレルギー気味の人は、これらのドリンクは避けたほうがいいということになります。

飲むならジンやウォッカのカクテルを

では、どんなアルコールがおすすめかというと、それは、ジンやウォッカなどを使ったカクテル

ジンやウォッカなどの蒸留酒は、ヒスタミン、酸化防止剤ともに含有量が低い

(「Asthma UK」より翻訳引用)

L'Express』によれば、最近、パリで再注目されているリバイバルカクテルは「ジントニック」だとか。すっきりした飲み口で、夏にもぴったり。私も20年ほど前、好んでよく飲んだことを懐かしく思い出しました。

同誌によれば、ジントニックはもともとインドに駐在する英軍のマラリア予防のために生まれたカクテルだそうです。マラリアの特効薬である苦いキニーネを飲みやすくするため、水、砂糖、ジンを加えてできたのが、ジントニックの始まりだといいます。

もともとジン自体、17世紀にオランダの医者が薬用酒として生み出したもの。言うなれば、時代ごとに一種の「健康飲料」として取り上げられてきた実績を持つわけです。

そんなことに思いを馳せながら、ジントニックを味わう夏の夕べも悪くないように思います。

[「Asthma UK」、「L'Express」]

Photo by Gettyimages

    specialbunner

    Ranking

    1. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    2. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「お尻のがん」が増えている。その痛みや出血、痔ではないかも!?

    5. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    6. ニンニク口臭、ドブ口臭。口の臭いの悩みを徹底解決!

    7. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    8. 食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

    9. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    8. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    9. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    10. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?