1. Home
  2. STYLE
  3. 汗を気にせず夏を満喫できるインナー選び【Enjoy Fashion!】

汗を気にせず夏を満喫できるインナー選び【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

汗を気にせず夏を満喫できるインナー選び【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

7月に入り、一気に暑くなりました。夏です。コーディネートサービスにお申し込みの方から、「汗を気にしなくていいスタイル」というリクエストが多くなっています。暑い季節、おしゃれの難敵となる汗。今回は「汗」をできるだけ気にせずファッションを楽しめるよう、夏のインナーについて考えてみます。

夏のファッションの幅を広げる汗対策インナー探し

暑い季節に着るトップスの選択肢を広げるためにまずやるべきことは、インナーに気を使うこと。汗の吸収をインナーに任せてしまえれば、選べるアイテムの幅は広くなります。トップスのデザインに合わせ、適切なものを選びましょう。

汗取りパット付きのインナーで汗をガード

汗が気になる人の強い味方といえば、汗取りパット付きのインナー。着ていることで安心し、気持ちも落ち着けてくれます。腕を上げた時にインナーが見えることない、袖のあるトップスであれば、このタイプで問題ありません。後ろのあきが小さい、タックトップやフレンチスリーブタイプを選べば、背中の汗をガードすることも出来ます。

ですが、ノースリーブやフレンチスリーブなど、腕を上げるとインナーが見えてしまうトップスの場合、言うまでもありませんが、汗取りパット付きはNG。

それはちょっと心配......と言うことであれば、肩紐の長さを調整できる、キャミソールタイプを選んでみてください。肩紐を短めにし、なるべく脇に添うようにすれば、心配は少ないはず。アームホールが大きいものや、体にフィットしないトップスを選べば、より安心ですよね。

透け感のあるトップスの場合も同様です。ネックラインとの相性を考えつつ、キャミソールやチューブトップで調整してください。

汗取り用レギンスで、ボトムスの汗対策も忘れずに

トップスばかりに気を取られがちですが、ボトムスの事も忘れてはいけません。涼しげで軽やかな素材の、薄手のガウチョパンツやスカーチョは、裏地がついていたとしても、同じくとても薄手のもの。座っている間に、困ったことになってしまうことも......裏地が付いていない細身のパンツも同様です。二分丈や五分丈など、膝上丈の汗取り用のレギンスを穿き、太もも周りも忘れずガードしてくださいね。イラスト/米山夏子

植村美智子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    2. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    3. 日本人のビタミンD不足に「まいたけ」。免疫や血管への知られざるパワー

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 夏処方。髪のベタつきをケアするシーズナルシャンプー

    6. 自分の「好き」がわからなくなった人へ #キャメレオン竹田からのラブレター

    7. 香りつきのアイテムを使ってる? 膣カンジダ症の原因6つに気をつけて

    8. マニュアルではない。クリス智子が考える「気配り力」

    9. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    10. ハーブティーをすすめる4つの理由

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    3. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. その背中の痛み、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 体をコントロールする甲状腺。正常ではないときに起こる9つの症状

    7. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    8. 「幸せで当然の毎日」あなたがもっともっと愛を受け取るために必要なこと

    9. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    10. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    3. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    8. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    汗を気にせず夏を満喫できるインナー選び【Enjoy Fashion!】

    FBからも最新情報をお届けします。