1. Home
  2. STYLE
  3. 汗を気にせず夏を満喫できるインナー選び【Enjoy Fashion!】

汗を気にせず夏を満喫できるインナー選び【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

汗を気にせず夏を満喫できるインナー選び【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

7月に入り、一気に暑くなりました。夏です。コーディネートサービスにお申し込みの方から、「汗を気にしなくていいスタイル」というリクエストが多くなっています。暑い季節、おしゃれの難敵となる汗。今回は「汗」をできるだけ気にせずファッションを楽しめるよう、夏のインナーについて考えてみます。

夏のファッションの幅を広げる汗対策インナー探し

暑い季節に着るトップスの選択肢を広げるためにまずやるべきことは、インナーに気を使うこと。汗の吸収をインナーに任せてしまえれば、選べるアイテムの幅は広くなります。トップスのデザインに合わせ、適切なものを選びましょう。

汗取りパット付きのインナーで汗をガード

汗が気になる人の強い味方といえば、汗取りパット付きのインナー。着ていることで安心し、気持ちも落ち着けてくれます。腕を上げた時にインナーが見えることない、袖のあるトップスであれば、このタイプで問題ありません。後ろのあきが小さい、タックトップやフレンチスリーブタイプを選べば、背中の汗をガードすることも出来ます。

ですが、ノースリーブやフレンチスリーブなど、腕を上げるとインナーが見えてしまうトップスの場合、言うまでもありませんが、汗取りパット付きはNG。

それはちょっと心配......と言うことであれば、肩紐の長さを調整できる、キャミソールタイプを選んでみてください。肩紐を短めにし、なるべく脇に添うようにすれば、心配は少ないはず。アームホールが大きいものや、体にフィットしないトップスを選べば、より安心ですよね。

透け感のあるトップスの場合も同様です。ネックラインとの相性を考えつつ、キャミソールやチューブトップで調整してください。

汗取り用レギンスで、ボトムスの汗対策も忘れずに

トップスばかりに気を取られがちですが、ボトムスの事も忘れてはいけません。涼しげで軽やかな素材の、薄手のガウチョパンツやスカーチョは、裏地がついていたとしても、同じくとても薄手のもの。座っている間に、困ったことになってしまうことも......裏地が付いていない細身のパンツも同様です。二分丈や五分丈など、膝上丈の汗取り用のレギンスを穿き、太もも周りも忘れずガードしてくださいね。イラスト/米山夏子

植村美智子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肉をたっぷり食べなくても、ビタミンB12が摂れる植物性の食材9つ

    2. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 【10月の満月】癒しのセルフケアで満たされるとき

    5. 便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    8. ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    4. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    7. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    8. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    汗を気にせず夏を満喫できるインナー選び【Enjoy Fashion!】

    FBからも最新情報をお届けします。