1. Home
  2. STYLE
  3. 顔色グンと明るく。カラー診断士に聞く、自分ピッタリの白服選び

顔色グンと明るく。カラー診断士に聞く、自分ピッタリの白服選び

小林純子

顔色グンと明るく。カラー診断士に聞く、自分ピッタリの白服選び

暑い時期に着たいのは、涼しげな白い服。ひと口に「白」といっても、青みがかった白や黄味がかった白など、さまざまなバリエーションがあります。この夏は、自分にぴったりの白を見つけたいもの。

パーソナルカラー診断士のファーネス悦子さんに、顔周りが華やかになる白選びのポイントを教えてもらいました。

30、40代がカラー診断のベストタイミング

20170703_color_3.jpg

女性が容姿のコンプレックスを感じはじめる30代や40代。自分に合うカラーを知るのは大切なことです。

自分に合った色を着ると、目の錯覚により、顔色が明るくなる、眼力がつく、顔が立体的に見える、薄化粧でも映えるといった効果が期待でき、見た目も5〜10歳若返るのだとか!

「似合う色を着ることで、コンプレックスを感じにくくなり、心のバランスが整うこともあるんですよ」と話してくれた悦子さん。たしかに似合う色を着ると、気持ちがアップしますよね。

初デートに全身白はNG

悦子さんに白の選び方を聞いてみました。白はウェディングドレスや白装束というように、神聖で他者を寄せつけないイメージがあるのだそう。

「はじめてのデートで白を選ぶと、とっつきにくい印象を相手にもたせるばかりか、汚してはいけないという緊張感から会話が弾まなくなるんです」

白色を着る場合は、白7:色3のバランスで差し色を上手に加えるとよいそうです。

パーソナルカラー診断に基づいた白をみつける

20170703_color_1.jpg

悦子さんは、その人に似合う色を診断する際、「4シーズン診断法」という方法を用います。

肌、瞳、髪の色などからその人に合う色を探し、似合う色のグループを四季のイメージ(スプリング、サマー、オータム、ウィンター)で教えてくれるのです。

春夏秋冬それぞれのタイプの有名人と、似合う白色をあげていただきましたが、なるほどと思いませんか。

・スプリング 有名人:松田聖子さん、桐谷美玲さん似合う白:ミルキーホワイト(黄みがかった優しい白)

・サマー有名人:蒼井優さん、小池百合子さん似合う白:マシュマロホワイト(黄みがない優しい白)、オフホワイト

・オータム有名人:北川景子さん、長谷川潤さん似合う白:バニラホワイト(やや黄みの強い白)、アイボリーホワイト

・ウィンター有名人:黒木メイサさん、柴咲コウさん似合う白:スノーホワイト、純白

自分に似合う白色を知る

20170703_color_2.jpg

自分で似合う色を見つける方法を教えていただきました。

まず、手持ちの洋服で、白色を2つのグループ(イエローベースかブルーベース)に分けて、顔周りの印象をみます。

イエローベースで表情が華やかになるのは、スプリングとオータムタイプ。ブルーベースが似合うのは、サマーとウィンタータイプとわかります。

「最低限、イエローベースかブルーベースかを間違えないだけでも印象が違ってきますよ!

イエローベースにはゴールドのアクセサリー、ブルーベースにはシルバーのアクセサリーがおしゃれ感をアップさせるそうです。

似合う色を知るだけで、意識改革になる

「流行色やそのときの気分で買った洋服の組み合わせに悩む日々から、自分が色を操る立場になることによる自信が生まれるんです」

顔周りや全体の印象が華やかになり自信に満ちた自分になることで、相手の反応が違ってくるという相乗効果もありそうです。

白色を着る夏がやってきます。自分の白を見つけ、キラキラ輝きましょう!

ファーネス悦子

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    7. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 運動不足になりがちな冬こそ、コレですっきり! フォームローラー5選

    10. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    6. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?