1. Home
  2. EAT
  3. なりたいボディに合わせて選ぶ植物性プロテイン

なりたいボディに合わせて選ぶ植物性プロテイン

1,068

なりたいボディに合わせて選ぶ植物性プロテイン

薄着の夏。シアー素材の服からかすかに見える部分ラインも、バックコンシャスな服から大胆に見えるバックラインも、できるだけ美しくありたいもの。そんな女性の強い味方が、じつはプロテインなのです。

女性にうれしいプロテイン

プロテインといえば「ザ・筋肉」というイメージでしたが、いまではヘルスコンシャスな女性の間で日常的に飲まれています。

そもそもプロテインとは、体をつくるための大切な栄養素「たんぱく質」のこと。不足すると肌や髪にも影響があるので、美容のためにも上手に摂りたいものです。サイズアップや力強さが期待できる「動物性たんぱく質」に対し、女性らしいボディーラインをつくりたい場合は「植物性たんぱく質」が適しているとか。

そこで、しなやかな女性らしさを求めてぜひ使ってみたいのが、植物性たんぱく質配合の「Natural Healthy Standard.(ナチュラル ヘルシー スタンダード)」のプロテインパウダーです。

ビタミンやスーパーフードの効果にも注目

細すぎず健康的な印象を目指す人には、ミックスフルーツ風味の「ビューティー プロテインパウダー(ソイ)」がおすすめ。ソイプロテイン(大豆たんぱく質)配合なので、女性にうれしいイソフラボンが豊富。さらにビタミンCやスーパーフードである「マキベリー」も配合しているから、美容にもいい。思わずさわりたくなるような、ナチュラルなボディーラインがつくれそう。

201706_natural_healthy_standard_01.jpg
ビューティー プロテインパウダー(ソイ)180g(約10回分)/ 1,980円(税別)

また、無駄なくスタイリッシュな印象を目指す人におすすめなのが、カカオミルク風味の「ビューティー プロテインパウダー(ピー)」。えんどう豆由来のたんぱく質と、スーパーフード「カロブ」も配合。えんどう豆由来のたんぱく質には、筋肉のエネルギー源となる必須アミノ酸のBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)も理想的な比率で含まれているので、体を動かすことが好きで、体の内側からキュッと締まっている質感をつくりたい人にぴったりです。

201706_natural_healthy_standard_02.jpg
ビューティー プロテインパウダー(ピー)180g(約10回分)/ 1,980円(税別)

やわらかさとスタイリッシュ。どちらでも、なりたい自分に合わせて選べるプロテインパウダー。2種類とも、運動後に飲むのはもちろんのこと、美容にとって大切な睡眠前に合わせて飲むのもおすすめだとか。またダイエット中なら、食事前にいただくプロテイン・ファーストもよさそう。

Natural Healthy Standard.

※購入は公式通販サイトから。

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. トレーニングでお腹の脂肪は減る? 減らない? 部分やせの謎

    2. 心理学を活用。ネガティブな感情を分析すると、自己肯定感が上がるワケ

    3. 医師に聞く、脂肪や糖の吸収をカットできる3つの食品

    4. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. むくみ解消にお役立ち! カリウムをバナナよりも多く含む食品

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできない人の深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン