1. Home
  2. EAT
  3. なりたいボディに合わせて選ぶ植物性プロテイン

なりたいボディに合わせて選ぶ植物性プロテイン

なりたいボディに合わせて選ぶ植物性プロテイン

薄着の夏。シアー素材の服からかすかに見える部分ラインも、バックコンシャスな服から大胆に見えるバックラインも、できるだけ美しくありたいもの。そんな女性の強い味方が、じつはプロテインなのです。

女性にうれしいプロテイン

プロテインといえば「ザ・筋肉」というイメージでしたが、いまではヘルスコンシャスな女性の間で日常的に飲まれています。

そもそもプロテインとは、体をつくるための大切な栄養素「たんぱく質」のこと。不足すると肌や髪にも影響があるので、美容のためにも上手に摂りたいものです。サイズアップや力強さが期待できる「動物性たんぱく質」に対し、女性らしいボディーラインをつくりたい場合は「植物性たんぱく質」が適しているとか。

そこで、しなやかな女性らしさを求めてぜひ使ってみたいのが、植物性たんぱく質配合の「Natural Healthy Standard.(ナチュラル ヘルシー スタンダード)」のプロテインパウダーです。

ビタミンやスーパーフードの効果にも注目

細すぎず健康的な印象を目指す人には、ミックスフルーツ風味の「ビューティー プロテインパウダー(ソイ)」がおすすめ。ソイプロテイン(大豆たんぱく質)配合なので、女性にうれしいイソフラボンが豊富。さらにビタミンCやスーパーフードである「マキベリー」も配合しているから、美容にもいい。思わずさわりたくなるような、ナチュラルなボディーラインがつくれそう。

201706_natural_healthy_standard_01.jpg
ビューティー プロテインパウダー(ソイ)180g(約10回分)/ 1,980円(税別)

また、無駄なくスタイリッシュな印象を目指す人におすすめなのが、カカオミルク風味の「ビューティー プロテインパウダー(ピー)」。えんどう豆由来のたんぱく質と、スーパーフード「カロブ」も配合。えんどう豆由来のたんぱく質には、筋肉のエネルギー源となる必須アミノ酸のBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)も理想的な比率で含まれているので、体を動かすことが好きで、体の内側からキュッと締まっている質感をつくりたい人にぴったりです。

201706_natural_healthy_standard_02.jpg
ビューティー プロテインパウダー(ピー)180g(約10回分)/ 1,980円(税別)

やわらかさとスタイリッシュ。どちらでも、なりたい自分に合わせて選べるプロテインパウダー。2種類とも、運動後に飲むのはもちろんのこと、美容にとって大切な睡眠前に合わせて飲むのもおすすめだとか。またダイエット中なら、食事前にいただくプロテイン・ファーストもよさそう。

Natural Healthy Standard.

※購入は公式通販サイトから。

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    2. 毎日のみそ汁でぐっすり眠れるように? 医師考案のおすすめ具材レシピ

    3. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    4. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. ポリフェノールや食物繊維。りんごのダイエットパワー3つ

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 8分を惜しまないで。座りっぱなしで死なないために毎日できること

    1. 自信がないお尻が1分で変わる! ゆる関節ストレッチ術

    2. ごっそり髪が抜けた、トイレが近い...早めに検査すべき病気の兆候10

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. LDLコレステロール値を下げたい! コレステロールを下げる食品&食べ方

    7. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    10. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    7. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント