1. Home
  2. BEAUTY
  3. 紫外線対策や保湿。ヘアケアできる進化系スタイリング剤の選び方

紫外線対策や保湿。ヘアケアできる進化系スタイリング剤の選び方

1,171

高田薫

紫外線対策や保湿。ヘアケアできる進化系スタイリング剤の選び方

スタイリング剤の幅が広がってきています。これまで、髪を整える役割が大きかったスタイリング剤ですが、最近は、スタイリング剤でヘアケアができるというのはヘアケアの新トレンドにもなっているそう。紫外線の髪の毛への影響も気になる時期、スタイリング剤でできるヘアケアについて、三軒茶屋にある頭皮と肌の専門店希翠(きっすい)」の毛髪診断士 田邊未奈美さんにお話をうかがいました。

肌と同じように髪もケアを

日々肌のケアをしている人は多いと思いますが肌と同様、髪の毛もケアをしてあげることで、ツヤや潤いを保つことができるのです。とはいえ、肌と違い、髪の毛は肌の角層が変化してできたもので、死んだ細胞が集まったものです。すでに死んでいる細胞なので、自ら修復する力はありません。

健やかに保つためには、意識してケアする必要があります。髪の毛は紫外線に弱く、夏など日差しの強い時期は、たんぱく質が破壊されたり、乾燥によりパサパサになりがち。そんなときはスタイリング剤の活用がおすすめです。

スタイリング剤を目的別に選ぶ

ヘアケアできるスタイリング剤には、

・UVケアができるもの

・たんぱく質を補えるもの

・保湿効果があるもの

・髪に栄養を与えてくれるもの

などがあります。紫外線が強い季節は、とくにUVケアができるものや、たんぱく質を補えるものがおすすめです。スタイリング剤はたくさん種類があります。季節や目的に合わせて選ぶのはもちろんですが、頭皮や髪の状態に合ったものを選ぶことが大切。どんなものを選べばいいか分からないという場合は、専門店に行って頭皮状態を確認した上でアドバイスしてもらうと安心です。

使うなら体に負担が少ないものがおすすめ

ケミカルがまったくダメというわけではなく、髪の毛の状態や仕上がりによっては必要な場合もあります。ただ、これから紫外線が強くなり、汗もかきやすい時期には、効果や目的だけで選ぶのではなく、肌にやさしいものを選ぶと安心です。

なぜなら紫外線は乾燥や肌荒れの原因となるため。それにより皮脂の量も多くなります。汗と一緒になると菌が繁殖しやすく、皮脂が酸化すると炎症に繋がります。肌が敏感な状態なので、できるだけ肌におだやかなものでケアしましょう。

身体や環境にやさしいオーガニックを選びたいと思う方も多いのではないでしょうか。ヘアケア製品にもオーガニック製品はいろいろありますが、いまおすすめなのは、イタリア・Rolland(ローランド)社のオーガニックヘアケア製品「O-WAY(オーウェイ)」です。

20170623_hair.jpg

O-WAYの製品は、バイオダイナミック農法で育てた力強い植物成分を使用し、パラベン・鉱物油・人口着色料・人工香料を使用せず、環境にやさしい成分を使用しています。O-WAYのスタイリング剤は、植物由来の樹脂、ワックス、軟化成分に酸化防止や毛髪の保護と保湿に有効な成分が含まれており、高純度な植物成分は、化学合成物質の代わりになります。たとえば、髪の構造を強化して紫外線から髪を守る、毛髪繊維に栄養を与えて、保護してくれたりと頼もしいアイテムです。

目的で選ぶ場合は、こんな人におすすめ。

・ドライヤ―の熱から髪のダメージを防ぎたい・ツヤを出したい・しっかりホールドしたい

輝きのある魅力的な髪を実現したい、髪の毛の乾燥が気になるというときにはとくにおすすめです。身体にもやさしく、肌への負担がないものなら、気軽に取り入れられるのではないでしょうか。

髪の毛を守ってあげる感覚で使って

スタイリング剤には、普段外出するときに洋服を着たり、お化粧をしたりするのと同様の役割があります。なにもつけずに外出するのは裸や素肌で外を歩くのと同じことです。髪の毛を保護してあげる感覚で、スタイリング剤を季節によって使い分けてください。洋服で隠れている肌がいつまでもきれいなように、スタイリング剤でコーティングしてあげることが髪を守り、老化を防ぐことにもつながりますよ。

〜頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)

    Ranking

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    5. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    6. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    10. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    5. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    6. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    7. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    8. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    5. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    6. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    7. 片付けられない人の最後の駆け込み寺。石阪京子さんが教える「3日間集中片付け術」

    8. 【心理テスト】あなたの人気ポイントはこちらです

    9. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    10. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら