1. Home
  2. BODY
  3. 「4-7-8呼吸」で疲れを持ち越さないからだに整える

「4-7-8呼吸」で疲れを持ち越さないからだに整える

コンディショニング・ケア

2,145

飯島綾子

「4-7-8呼吸」で疲れを持ち越さないからだに整える

寝ても疲れが取れない、いつもどことなく不調を感じる......。そういった「病気ではないけれどなんとなくだるい症状」に悩まされている現代人は多いようです。寝る直前までスマホやタブレットを眺めたり、あるいは夜中でも片付けなければならない仕事や家事に追われていたり。そういった生活を続けていると眠りがどうしても浅くなってしまい、十分に脳やからだの調子が整わないまま次の日を迎えてしまうのです。

からだと心をときほぐす夜ヨガ

まさにそんな忙しくて良質な睡眠がとれない現代人に向けた本が、ヨガ講師サントーシマ香さんの著書「疲れないからだをつくる 夜のヨガ」。からだと心をときほぐす寝る前のヨガのポーズや呼吸法の他に、明日に疲れを持ち越さないための日々の習慣などが紹介されています。

からだや心のオンとオフの切り替えは、活発にする交感神経と鎮静化させる副交感神経によっておこなわれているそうです。スマホやパソコンの画面が放つブルーライトは、常に交感神経を刺激する光です。仕事以外の時間や寝る直前までずっとスマホを眺めている人は、常に交感神経が活発化している状態といえます。夜になったら意識的にスローダウンして副交感神経の方を高めていくことで、眠りの質が格段に上がり明日に疲れを持ち越さなくなります

簡単に実践できるリラックス法「4-7-8呼吸」

今回は「疲れないからだをつくる 夜のヨガ」の中から、誰でも簡単に実践できる呼吸法、「4-7-8呼吸」をご紹介します。

1.両手をひざの上におき、舌の先を前歯の裏側につけます。鼻から4カウントで息を吸い7カウント息を止めます。

2.口から8カウントで息を吐き切ります。

個人の体質や生活により必要なヨガは異なってくると言われています。とくに不眠症に悩まされている体質の方は、ヨガスタジオで行われている様な活力を高めるアーサナ(ポーズ)が逆に体調を崩す元になることもあるので要注意。

人は一生懸命に頑張ることには集中できるのに、 意識的に休むことはなかなかできなかったりしますね。疲れや不調はからだと心から発信されている休息のサイン。自分がもし疲れているなと感じたら無理をせず、「疲れないからだをつくる 夜のヨガ」で紹介されているような休むための呼吸法やヨガのポーズ、日々の習慣を取り入れていけるといいですね。

疲れないからだをつくる 夜のヨガ

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた