1. Home
  2. MIND
  3. 毎朝1分、やる気を引き出す8つの質問

毎朝1分、やる気を引き出す8つの質問

2,174

飯島綾子

毎朝1分、やる気を引き出す8つの質問

天気が悪い日は低気圧の影響で体調や気分が落ち込みやすいもの。なんとなく身体の重さやだるさを感じたり、何をするにもおっくうに感じたりしがちですよね。

やらなくてはいけない事があるのにやる気がでない......。そんな停滞した気分を切り替えたい時におすすめなのが、ビジネスコーチの三宅裕之さんの著書『毎朝1分で人生は変わる』(サンマーク出版)で紹介されている「モーニングクエスチョン」です。

朝一番の自分への質問でやる気を引き出す

モーニングクエスチョンは朝起きて1番に自分自身に問いかけるためのポジティブな8つの質問。 やる気をだしてから行動を起こすのではなく、行動を起こすことで自然とやる気を引きだす方法といえます。

8つの質問<モーニングクエスチョン>

1. 今、何に幸せを感じている? それを感じてみよう

2. 今、何にドキドキしている? それを感じてみよう

3. 今、何に誇りを感じている? それを感じてみよう

4. 今、何に対して感謝している? それを感じてみよう

5. 今、何を必ず楽しんでいる? それを感じてみよう

6. 今、何を必ずやろうとしている? それを感じてみよう

7. 今、誰を愛している? 誰が自分を愛している? それを感じてみよう

8. 今日、誰に対して、どんなふうに貢献する? それを楽しんで!

脳を良い方向へ導くようにくりかえす

これらのモーニングクエスチョンは、コーチングの世界的な第一人者であるアンソニー・ロビンズ氏の教えを基本に著者の三宅裕之さんがアレンジを加えてつくったものです。人のあらゆる思考は、Q&Aから成りたっているそう。頭のなかで何かを考えている時は、常に自問自答をくりかえしています。

意識的に質問の質を前向きな方向に変えることで、自然と答えの質も向上してくるというのがモーニングクエスチョンの理論。脳がよい方向へフォーカスせざるを得ない質問をくりかえすことが重要です。ポジティブでシンプルな質問であれば自己流の質問を考えてみてもいいかもしれませんね。

やる気は出そうと思ってもなかなか出ないもの。どうしても気分が乗らない1日は、 ポジティブな質問を自分に問いかけてみると意識的にやる気のスイッチを切りかえられそうです。

[『毎朝1分で人生は変わる』]

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?