1. Home
  2. EAT
  3. 疲れを吹き飛ばす。アスパラガスのエッグムース添え

疲れを吹き飛ばす。アスパラガスのエッグムース添え

つちだ縁(ゆかり)

疲れを吹き飛ばす。アスパラガスのエッグムース添え

アスパラガスが美味しい季節。そんな今こそ丸ごと贅沢なサラダにして、大地の旨みをたっぷりいただきたい! アスパラガスは春から秋が旬ですが、6月が最も出荷のピークです。

疲労回復に役立つ野菜、アスパラガス!

20170627_aspara_img.jpg
Photo by Gettyimages

アスパラガスの栄養は驚くほど優れもの、栄養ドリンクのネーミングにも使われおなじみの成分、アスパラギン酸カリウムがとても豊富。これは脳や身体の疲労回復に効果的でスタミナ増強にも役立つそう。お肌の調子を整えたり、デスクワークやパソコン仕事でお疲れのときにも積極的に食べたい野菜のひとつです。

美味しいアスパラガスを選ぶポイントは?

アスパラガスを選ぶポイントは乾燥しておらず、穂先が固く閉じたもの。根元部分が乾燥してしまうと繊維に沿ってシワ目立ってきます。それを防ぐためにも、買ってすぐに使わない場合は、根元に濡らしたキッチンペーパーで包んでラップかビニールに入れます。冷蔵庫では立てて保存(育つ状態と同じようにしてあげると、アスパラガスにストレスがかからず鮮度が長持ち!)するのがおすすめです。牛乳パックやコップを使うと隙間活用できますね。

アスパラガスは冷凍保存もできる

生のまま使いやすい長さにカットしてフリーザーバッグに入れ、そのまま冷凍。使うときは解凍せずに凍ったまま調理すれば水っぽくならずに仕上がります。

ちょっと柔らかめに仕上げたい! そんな場合は、30秒だけ、ごく軽く塩茹でしてザルや網に重ならないように広げて一気に冷ましフリーザーバッグに入れて冷凍。あとは同じく凍ったまま調理します。冷凍したアスパラガスは1カ月以内に使い切りましょう。

さて、そんなアスパラガスをふわふわの卵と豆腐で作ったムースをたっぷりかけて、丸ごと食べ尽くしましょう!

「アスパラガスのエッグムース添え」レシピ

20170627_aspara_2.jpg<材料(2人分)>アスパラガス 8本トマト 1個バジル 12枚卵 2個絹豆腐(水切りなし) 60g山芋 60g塩・胡椒 ひとつまみオリーブオイル 大さじ2アンチョビ(フィレもしくはチューブ) 1切れ

<作り方>(1)アスパラガスは袴をとり、下から3〜5cmのかたい皮の部分を剥く。3分塩茹でし、ザルや網に広げて粗熱をとる。※レンジなら、耐熱皿に並べてラップをふんわりかけレンジ600wで1分30秒加熱。穂先を揃えて、長さを3等分に切ってお皿に束ねたように盛り付ける。(2)トマトは大きめの角切り。バジルの葉は洗っておく。(3)ミキサーに卵と豆腐、皮をむいて角切りにした山芋、塩胡椒を入れてピューレにする。(4)焦げ付かない加工のフライパンにオリーブオイルとアンチョビを加え、中火で加熱。チリチリと音がしてきたら(3)を流し込み、ゴムベラでフライパンの底が焦げないように細かくフライパンをゆすりながらかき混ぜて半熟状に仕上げる。(5)火を止めトマトを加えて蓋を閉め、1分余熱で軽く卵に火がとおれば(1)のアスパラガスの上に盛り付ける。バジルを飾って完成。

エッグムースを美味しく仕上げる調理のポイント

山芋と豆腐がボリューム感、そしてミキサーで出来た泡がふっくらムースになるので、しっかりとピューレ状にしましょう。卵は半熟に仕上げることで、とろふわ食感に。アンチョビはオリーブオイルによく溶かし込むことで卵にアンチョビの程よい塩分と風味が馴染みます。

参考文献:「からだにおいしい野菜の便利帳」高橋書店

>>「旬を楽しむレシピ」をもっと読みたい

(フードコーディネーター・料理のツボ研究家 つちだ縁)

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?