1. Home
  2. EAT
  3. ダイエットに適した注目のオイル「グラスフェッド・ギー」

ダイエットに適した注目のオイル「グラスフェッド・ギー」

1,272

松崎桃子

ダイエットに適した注目のオイル「グラスフェッド・ギー」

アーユルヴェーダを取り入れている人たちの間では昔から知られている「ギー」。バターをゆっくり加熱し、たんぱく質や水分をろ過して取り除いてできる、純粋な乳脂肪分のみのバターオイルのこと。美容や健康にもいいんですが、なかなか気軽に手に入るものではありませんでした。

いま注目のオイル「グラスフェッド・ギー」

5000年前から神聖なオイルとされ、ヒンドゥー教の礼拝の際に神像を清めるなど、宗教的な儀式にも使われているほど大切な存在のギー。脂肪になりにくく、エネルギーになりやすい中鎖脂肪酸を多く含み、共役リノール酸は脂肪の分解・燃焼させる働きがありダブル効果でダイエットに適しているオイルです。

また、良質のグラスフェッド・ギーは、天然の必須脂肪酸である、ビタミンA、D、E、Kなど女性にうれしい成分が多く含まれていて、英国「TIME」誌が選ぶ世界でもっとも健康によい食品50に選定されたり、米自然療法協会が選ぶ「体に良い油ベスト5」の第1位にも選ばれているほど注目のオイル。

ギーが瓶詰めになって日本初上陸

20170622_ghee1.jpg

グラスフェッド・ギー「GHEE EASY」100g ¥1,280(税抜)

オランダ発グラスフェッド・ギーGHEE EASY(ギー・イージー)」が日本に初上陸。一年中ほぼ放牧の贅沢なグラスフェッド(牧草だけの飼育)のバターからギーを生産。抗生物質や遺伝子組み換え穀物など人工的な成分を取らないためヘルシーで上質なバターに仕上がっています

お肌に料理に、マルチに使えるギー

20170622_ghee2.jpg

バターやオリーブオイルの煙点が130〜160度のところギーは250度の煙点を持つので、加熱にも強く、ギーでの揚げ物や炒め物はヘルシー。例えば、ギーを引いて、ステーキを焼いたり、目玉焼きをギーで焼いたり、肉じゃがに、お味噌汁になど、和食ともマッチします。焼きたてのトーストにギーを塗るだけで味わいがぐっと増したり、スープやカレーなどの仕上げにティースプーン1杯のギーをたらせば、味と香りに深みを出すことも。ホットミルクやコーヒーに混ぜてもおいしくて健康的にいただけます。

さらに、お肌に塗ってマッサージしたり、沈静・安眠効果もあるので、おでこに薄く塗ると深く眠れるともいわれています。

このように1瓶あると、様々な用途に使える「GHEE EASY」。困った時の救世主として、気軽にギーを取り入れてみてはいかが。

GHEE EASY

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?