1. Home
  2. EAT
  3. マリー・アントワネットの世界に浸れるデザートビュッフェ

マリー・アントワネットの世界に浸れるデザートビュッフェ

松下りゆ

マリー・アントワネットの世界に浸れるデザートビュッフェ

今なお世界中の女性を魅了するフランスの王妃マリー・アントワネットの結婚をテーマにしたデザートフェアが、ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」にて、2017年7月1日(土)から9月30日(土)まで開催されます。

ロイヤル・ウェディングの華やかな世界観

マリー・アントワネットといえば、思い浮かぶのは、絵本の中に登場するような豪華できらびやかな「お姫さま」のイメージ。その姿を体現するかのようにつくられたデザートは、ピンクパステルカラーで彩られたスイートでキュートなものばかり。16世紀に行なわれたマリー・アントワネットとルイ16世の結婚式に本当に迷い込んだかのように、美しい世界を堪能できます。

201706_hiltontokyo_01.jpg

そんな世界をリアルに味わうため、創業1672年のフランスの老舗紅茶ブランドであるニナス・マリー・アントワネットも一役買っています。今回のフェアは、二ナスとのコラボレーションで、二ナスはヴェルサイユ「王の菜園」のオフィシャルパートナー。「王の菜園」で実る、希少な果実やアロマから、気高いフレーバーティーを生み出しています。

201706_hiltontokyo_02.jpg

そして、これらのスイーツをつくるのは、フランスの製菓コンクール「ルレデセールシャルルプルースト杯」で入賞を果たすなどの実力派であるエグゼクティブペストリーシェフ 播田修。バラの風味のメレンゲにラズベリーとローズクリームをあえ、バラの花びらを散りばめたムラング・シャンティ「フランスの薔薇」、ラベンダーの花から香りを抽出したカシスソースとカスタードクリームの入った、花嫁の帽子風アレンジのシュー「ルリジューズ」、マリー・アントワネットが実際に好んだと言われるケーキを忠実に再現した、ピンクのシュガークラフトをまとう「マリー・アントワネット アンティークケーキ」など、全30種類が楽しめます。

201706_hiltontokyo_03.jpg

見目麗しい甘くゴージャスな世界を、味わってみてはいかがですか?

「マリー・アントワネットの結婚」デザートフェア

会場:ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」 期間:2017年7月1日(土)~9月30日(土)時間:14:30~17:30料金:大人 3,800円 / 小人(4~12歳)2,400円、土・日・祝 大人 3,920円 / 小人(4~12歳)2,450円※税サ別、コーヒー又は紅茶付き※予約はホームページでの受付のみ

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?