1. Home
  2. EAT
  3. ダイエッターの味方は、フォトジェニックな青いハーブティ

ダイエッターの味方は、フォトジェニックな青いハーブティ

力武亜矢

ダイエッターの味方は、フォトジェニックな青いハーブティ

スッキリボディを目指すために食事を選ぶと、「おいしいものを食べたい」という素直な気持ちを我慢してしまいがち。それはいつしかストレスになり、ふとした瞬間に暴飲暴食をしてしまいます。でも今年は、そんな悩みから解き放たれるかもしれません。

ダイエッターの味方「ブルー」が美しいハーブティ

20170622_blue1.jpg

「ヴェーダヴィ スペシャルブレンドティ ブルービューティ」4,860円(税込)容量 110g

その理由は、思わず写真に撮って自慢したくなるくらい美しいブルーのダイエッターサポートティヴェーダヴィ スペシャルブレンドティ ブルービューティ」が発売されたから。

20170622_blue2.jpg

この美しいブルーの正体は、さわやかな青色の花が咲く、タイ原産のハーブ・バタフライピー。バタフライピーは、タイではポピュラーなハーブです。マメ科の植物で、ティーにすると、豆の風味をふんわり感じます。爽やかなレモンの香りもあいまって、初夏らしい清々しい味わいを楽しむことができます。

また、美容や健康に役立つ成分もふくまれており、ティーを注ぐと食欲減退色といわれるブルーに発色。これに、ダイエッターをサポートするローズマリーや桑の葉などのハーブもブレンドされているため、スッキリボディを目指したいときの味方になってくれるというわけです。

自然のマジックでバイカラーに変化

ブルービューティの美しさは、これだけにとどまりません。レモン果汁を加えると、あら不思議。アントシアニンがレモンに含まれるクエン酸に反応、紫からマゼンタピンクに変化して、バイカラーに。自然が織り成す色の移り変わりを見ているだけでも、安らかな気持ちになれます。色の世界では、ブルーは心を落ち着かせる色とも言われているので、イライラしているときのリフレッシュにも良さそうです。

美しくて写真映えするおしゃれなハーブティを飲みながら、いつしかきれいなボディになれたら、理想的ですね。

ヴェーダヴィ スペシャルブレンドティ ブルービューティ

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?