1. Home
  2. STYLE
  3. 理想的な白シャツ探し。どう選ぶ? どう着る?【Enjoy Fashion!】

理想的な白シャツ探し。どう選ぶ? どう着る?【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

理想的な白シャツ探し。どう選ぶ? どう着る?【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。 1枚あるといいな......と思いながらも、理想的なその1枚になかなか出会えないのが白シャツ。そもそも、その理想的な形とはどんなものなのか、まずそこからわからない......という人も多いはず。今回は、自分のテイストに合う、今の気分に合う、白シャツを探せるよう、その選び方と着こなし方を考えていきます。

ビッグシルエットの白シャツどう着る?

ここしばらく、おしゃれアイテムの筆頭として存在している、ビッグシルエットのシャツ。大きく衿を抜き、ゆったり着こなした女性が街を歩いている風景も、日常的なものとなりました。おしゃれ感や、今の雰囲気を大きく出したいなら、このタイプがおすすめです。

前だけを少しウエストにひっかける、バックのボリュームを生かした着こなしや、すべてインして、ウエストラインを出す着こなしなど、今のファッションを象徴するコーディネートを作れるのがこのタイプ。着慣れている人には当然の事だと思いますが、ビッグシルエットのシャツを着こなす場合、袖をロールアップしてバランスを取るのはお約束です。

ワンサイズのものが多いこのタイプですが、大きく着るものでも、大き過ぎてはおかしなことに......。普段Sサイズを着ている人は、特に注意してみてください。

こなれ感を作る、白シャツのサイズは?

わたし的に一押しなのが、ぴったり過ぎず、ゆったり過ぎない、付かず離れずのサイズ感のシャツ。ビッグシルエットタイプよりも抑え気味なボリュームが、大人の余裕を感じる"こなれ感"を作り出してくれます。

第一ボタンだけをあけ、きっちり着こなすことはもちろん、第二ボタンまであけ、気持ち後ろに抜いて着こなせば、適度に今の空気感をプラスすることもできる、着こなしの幅が広い、優秀なアイテムです。身幅のゆとりが少ないので、今年らしいハイウエストのボトムスや、サッシュベルトを使ったコーディネートも、難しく感じることなくバランス良く作ることができます。

このタイプの場合、肩が落ちていないものがおすすめ。サイズ展開しているものも多く出ているので、サイズ違いを試したりしながら、自分のコーディネートに馴染むサイズ感の1枚を見つけてください。

ジャケットに合う白シャツを選ぶなら

この流れでくると、最後に、体に沿うぴったりしたタイプ、となりますが、今の流れの中で、おしゃれアイテムとしての活躍は難しいのが現状。お仕事などで、ジャケットを羽織ることが多いのであれば、持っておくべきタイプではあります。ただし、リクルート感が出がちなこのタイプは、着崩したり、カジュアルに着たりすることを考えないのが賢明。大きな襟のものは懐かしい雰囲気になってしまう危険があるので、小襟のタイプを選ぶのがベターです。

夏におすすめの白シャツ素材

これからの季節におすすめの素材は、しなやかな薄手のコットンや、目の細かい柔らかいリネン。着心地のいい薄手のコットンは、羽織りものとしても使いやすく、上手に大人のカジュアルスタイル作ってくれます。ツヤ感のある柔らかいリネンのシャツは、女性らしい、品の良さをプラスしてくれます。

白もいろいろ、選ぶなら肌映りのいい白を

そして、色。眩しいくらいの真っ白、少しグレーがかった落ちついた白、クリームがかった優しい白など、白は白でもいろいろありますよね。作り上げたいイメージで選ぶのもいいですが、肌映りのいい色を選ぶのが一番重要。ネックレスやピアスなど、顔周りのアクセサリーも考えながら、選んでみてください。

イラスト/米山夏子

植村美智子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって