1. Home
  2. MIND
  3. まどろみタイムに10回唱えて。ポジティブになる自己暗示法

まどろみタイムに10回唱えて。ポジティブになる自己暗示法

1,724

片岡理森

まどろみタイムに10回唱えて。ポジティブになる自己暗示法

人の意識は、氷山に例えられることがあります。海面に出ている約10%が自ら認識している顕在意識」、海中の約90%が自ら認識できない潜在意識」。この例えは、「人には秘められた力がある」ことを示すときによく耳にしますが、同時に「それだけ多くを占める潜在意識が、心身に何の影響も及ぼしていないはずがない」と捉えることもできそう。

心の健康を整えるメンタル・マネジメント

「どうせうまくいかない」「いつもこうなんだ」など、何か自分が陥りやすい感情のパターンはありませんか? 同じシチュエーションに置かれても、もっと楽観的な人もいるのになぜそう思ってしまうのでしょう? ひょっとしたら、それはあなた自身の思いではなく、「あなたはいつも失敗ばかりね」などと幼少期に何の気なしに言われた一言が潜在意識下で作用してしまったせいなのかもしれません

ライフハッカー(日本版)より引用)

もって生まれた性格だからしかたないと思っていたようなことも、気づかないうちに外から植え付けられたのかもしれないと怖くなりました。人の意識は、思っているよりも騙されやすいみたいです。

そうだとしたら、ネガティブに傾いた心をポジティブに整えることも可能なのかも。

催眠状態でポジティブな意識を植え付ける

自己暗示法の創始者であるエミール・クーエ氏のメンタル・マネジメント方法は、とても簡単で日常に取り入れやすそう。

寝る直前、朝起きた瞬間に、以下の文章を10回唱えてください。「私は毎日、あらゆる面で、ますます良くなっていく」この暗示を唱えながら、自分があらゆる点で良くなっているイメージを、心に思い浮かべます。

ライフハッカー(日本版)より引用)

眠っているような、眠っていないような感覚のとき、人は非常に暗示にかかりやすい催眠状態にあるのだとか。まどろみタイムにテレビやデジタルツールは消したほうがよいという説にも、改めて納得です。

睡眠の質が良くなり、ポジティブな空気の中で目覚めることができるというこの自己暗示法、さっそく試してみたいと思いました。

ライフハッカー(日本版)

Photo by Getty Images

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?