1. Home
  2. BODY
  3. ランニングで創造性UP。脳を刺激するエクササイズ

ランニングで創造性UP。脳を刺激するエクササイズ

ランニングで創造性UP。脳を刺激するエクササイズ

運動が心身の健康に良いとわかってはいても、なかなか実践できていません。どうしても「運動=疲れる」とか「運動=面倒」というイメージが先に浮かんでしまって、忙しさを理由に娯楽へ流されているような気がします。

そんななか、「運動するためのモチベーションが必要なら、運動が健康に与えるメリットを考えればいい」という意見がありました。

創造性、生産性が上がる運動

たしかに、良いことなのは知っているけど、具体的に運動でどう変われるのかまで意識していませんでした。脳科学者で『Healthy Brain, Happy Life』の著者、ウェンディ・スズキ氏によると......

運動はストレス軽減、集中力、生産性、記憶力向上に加え、創造性を向上させる効果もある。

(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

特に長距離のランニング水泳のような有酸素運動は、記憶力創造性に深くかかわる海馬の新しい脳細胞の成長を促し、それらの細胞の生存率を向上させることがわかっているのだとか。

そういえば、仕事で新しいアイディアを出さなくてはいけないとき、いくら机に向かって考えても出てこなかったのに、息抜きに公園を散歩しているときにフッと思いついたことがあります。体を動かすことによる刺激が、脳を活性化させているところまで想像できていませんでした。

これから運動するとき億劫な気持ちになりそうだったら、この運動が私の人生にどれほど大きな効果をもたらすのかを意識して、自分に言い聞かせようと思います。

BUSINESS INSIDER JAPAN

image via shutterstock

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「野菜から食べてもやせませんよ」教授が教える、太りやすい理由

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 睡眠不足は「がん」につながる? 主治医がよく聞かれる6つの質問

    4. 「朝ごはんを抜く人は早死にする」? 健康と筋肉に効く食事とは

    5. ビタミンB12が不足すると起きる9つのサイン

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. ストレス対策には、ヤケ食いより「ヤケ筋トレ」がおすすめ!

    1. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    2. 糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 子宮頸がん検診の受診率、意外な結果が...

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. コーヒー・紅茶は一日何杯まで? 老けない7つの食材&食べ方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    8. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?