1. Home
  2. BODY
  3. ランニングで創造性UP。脳を刺激するエクササイズ

ランニングで創造性UP。脳を刺激するエクササイズ

片岡理森

ランニングで創造性UP。脳を刺激するエクササイズ

運動が心身の健康に良いとわかってはいても、なかなか実践できていません。どうしても「運動=疲れる」とか「運動=面倒」というイメージが先に浮かんでしまって、忙しさを理由に娯楽へ流されているような気がします。

そんななか、「運動するためのモチベーションが必要なら、運動が健康に与えるメリットを考えればいい」という意見がありました。

創造性、生産性が上がる運動

たしかに、良いことなのは知っているけど、具体的に運動でどう変われるのかまで意識していませんでした。脳科学者で『Healthy Brain, Happy Life』の著者、ウェンディ・スズキ氏によると......

運動はストレス軽減、集中力、生産性、記憶力向上に加え、創造性を向上させる効果もある。

(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

特に長距離のランニング水泳のような有酸素運動は、記憶力創造性に深くかかわる海馬の新しい脳細胞の成長を促し、それらの細胞の生存率を向上させることがわかっているのだとか。

そういえば、仕事で新しいアイディアを出さなくてはいけないとき、いくら机に向かって考えても出てこなかったのに、息抜きに公園を散歩しているときにフッと思いついたことがあります。体を動かすことによる刺激が、脳を活性化させているところまで想像できていませんでした。

これから運動するとき億劫な気持ちになりそうだったら、この運動が私の人生にどれほど大きな効果をもたらすのかを意識して、自分に言い聞かせようと思います。

BUSINESS INSIDER JAPAN

image via shutterstock

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 髪のパサつき、白髪、抜け毛に。10分で作れる栄養満点パスタ

    5. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    6. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    7. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    8. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    9. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    7. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    8. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    9. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    9. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!