1. Home
  2. MIND
  3. 強く美しく生まれ変わる。私・リブランディングのすすめ

強く美しく生まれ変わる。私・リブランディングのすすめ

運命を変えるマインド革命

1,599

斎藤芳乃

強く美しく生まれ変わる。私・リブランディングのすすめ

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

今までの自分を変えたい。そして、新しい自分で素晴らしい体験をしたい。私たちは、いつ、どこでも、どんな時も、マインドひとつで「新しい、美しい、見たこともない自分」に巡り会えるのです。今回は、自分を生まれ変わらせるリブランディング術についてお伝えしていきたいと思います。

多くの人は「自分」を誤解している

実は、多くの人たちが認識している「自分」は、本当の自分ではありません。その理由は、私たちは自分を「自分視点」ではなく、常に「他人視点」から認識しているからです。たとえば、「親が駄目だと言った。私は評価されなかった。だから私は駄目な人間なんだ」といった具合です。これは、他人の、しかも限定的な人からの一時的な評価にすぎません。

しかし、私たちはこうして「他人から見た自分が本当の自分」だと認識してしまうのです。すると、いつも他人視点で自分を評価し続けるため、他人に気に入られるようにふるまって評価を得ようとしたり、逆にそれで疲れてしまったり......ということが繰り返されるようになります。そして、結果的に、自分という人間を誤解し続けるのです。こうしたパターンから抜けるためには、まずは、「他人視点で見た自分を自分だと思い込む」ことをやめること。じゃあ、何が本当の自分なの......?と思いますよね。そこで必要になるのが「自分が知っている、自分しか知らない自分」をきちんと認めることです。

ほんとうの「私の価値」はすでにある

自分しか知らない自分とは、「他人が認知しない、自分の想いや行動の動機、努力などの絶対値」のこと。たとえば、仕事を頑張ったのに、それほど評価されなかったり、「やって当然でしょ」のように流されてしまった。その時、「ああ、やっぱり私は評価されないんだな」と落ち込んで、「どうせ私はこの程度の人間で」というブランディングをしてしまう。これは間違いなんですね。上司が見ているのはただの結果にすぎません。

実際には、

・その仕事のために、自分のプライベートを犠牲にしてまで頑張れた自分・彼氏とけんかをしても、一生懸命に仕事に打ち込んだ・本当に良くなるように、調べ、努力し、クリエイティブであろうとした・手を抜いても良かったのに、手を抜かなかった

という「事実」があります。これが、本当のあなたの価値なのです。仕事のために従事し、いつもクリエイティブであろう、よくあろう、少しでも人に貢献しよう、真面目にやらない人もいるけれど私は真面目に生きたい......。こう思っているあなたがいたとしたら、それがあなたの価値であり、本質であり、「本当のあなたの魅力」なのです。

こうして捉え直してみると、美しく強い自分の姿が見えてきますね。見えてきたとしたら、その自分を軸に生きるようにすると、「他人が見た自分」や「ただの結果」にはこだわらなくなります

ネガティブの裏側にある「本当の自分」を認める

そして、一見ネガティブに思えるようなことも、実はあなたの価値だったりするのです。たとえば、犠牲になるまで相手を愛してしまった・・・「だから、エネルギーを使ったり、貢いだり、自分が損をした」とします。これは、表面的なことで見れば、「だまされたね」「お人好しだったね」と揶揄されることかもしれません。けれど、実際には、「そうした不適切な人にまで、献身的な愛を与えることのできた自分」が本当の自分の価値になるんですね。いつも損をしているのも、それだけ周囲との調和を図っているから。いつもできなくて泣くのも、それだけ人生に真剣で向上心があり、貢献したいと思っているから。その自分の本質に触れたとき、単にネガティブな結果ではなく、「本当はそんなにあふれる魅力をもっていた自分」に巡り会えます。こうして自分の美しさや本質に触れられたら、その自分で誇りを持って、関わること・場所を選んでみてください。「本当に人を愛せる私には、どんな人がふさわしいのだろう?」そう考えると、今までの愛のない人たちとの関わりが無駄に思えるかもしれません。それで正解です。「本当に仕事に一生懸命な私は、これからどんなスキルでさらに貢献できるんだろう?」そう考えると、今までの会社ではなく、さらにステップアップし、条件の良い会社に転職することもできるでしょう。こうして、自分の内面を整えて、自分をリブランディングし、その新しい自分で世界や人と関わり、新しい自分を内側からも外側からも定着させる。

こんなふうに、自分を変えて、人生を変えていってくださいね。

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    5. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ