1. Home
  2. EAT
  3. アップルビネガーラブ! ヘルシードリンク唐津発スウィッチェル

アップルビネガーラブ! ヘルシードリンク唐津発スウィッチェル

奥田景子

アップルビネガーラブ! ヘルシードリンク唐津発スウィッチェル

SHANTI SWITCHEL(シャンティ スウィッチェル)」という、健康的な美しさをサポートするインナーケア自然派飲料が日本で新発売。自然豊かな海に近い佐賀県の唐津で、ほとんどが地元の材料を使ってつくられています。欧米ではよく知られていますが、日本では本格的につくられていなかったスウィッチェル。シャンティは、日本で初めてのスウィッチェルのブランドです。

レディーガガが火付け役、アメリカで人気のスウィッチェルとは?

20170619_swichel1.jpg

スウィッチェルとは、リンゴ酢にハチミツで甘味を加え、ショウガをアクセントにつくられる、添加物、砂糖も不使用の飲み物のこと。 古代ギリシャで医師が開発したと言われ、古くから健康のために飲まれていたものだそう。スウィッチェルを再発見し、ブームにした火付け役は、レディーガガ。「アップルビネガーラブ! 」な彼女から火が付き、瞬く間にエココンシャスなヒップスターズドリンクになりました。

アメリカでは、リンゴ酢のクエン酸による疲労回復の効果や、生姜による代謝促進効果も期待され、糖類を多く含むスポーツドリンクより健康的なので、ナチュラル志向のアスリートからヨガやランニングの後に飲まれることも多いそう。

日本の発酵文化をかわいくいただく

シャンティのスウィッチェルは、厳選された佐賀県産のショウガ、宮崎県産ユズなど地域のパワフルな材料と、発酵と熟成にそれぞれ90日かけた、日本に古くから伝わる「静置発酵法」という技術でつくられたリンゴ酢が使われています。長期熟成によってお酢がマイルドになり、香り高い理想の味が実現。日本の発酵食文化を継承しながら、キッチンにあると気分がアップしそうなかわいいラベルが魅力です。

7倍希釈なので、そのまま水やお湯、炭酸水で割って飲むのが普通ですが、おすすめは牛乳や豆乳に入れること。タンパク質と反応しとろみがつくので、フルーツヨーグルト風にして毎朝食事の前にいただくと、糖の吸収も抑えてくれてダイエットにつながりそうです。

酵素もプラスしたさわやかな味わい

20170619_swichel2.jpg

加熱処理されているため酵素は残っていませんが、生のフルーツやハーブを入れることで酵素がプラスされます。蒸し暑い季節に、スーパーフードのチアシードを入れた「ラズベリーミント・チアスウィッチェル」はいかがでしょう。チアシード小さじ1杯とお水大さじ2杯を混ぜ、チアシードが吸水してとろみがついた後、ラズベリー1/4カップ、レモン1/4個、スペアミント7~8枚、お水140mlに、りんご味のスウィッチェルを30ml加え軽く混ぜるだけ。さわやかな味わいは、ボトルに入れオフィスに持っていくと気分転換ができそうです。

20170619_swichel3.jpg

また、オフィスや電車など冷房で冷えた身体を温めてくれる、「シナモンマカ・豆乳スウィッチェル」もおすすめ。小鍋に豆乳170mlとゆず味のスウィッチェル30mlを入れ中火にかけます。温まったらマカパウダー小さじ1杯とシナモンパウダー少々をしっかり混ぜ、最後にシナモンスティックを添えれば完成です。寝る前に飲むと、心も温まりそうです。

手軽に内面からキレイになれるスウィッチェル。シャンティとは、サンスクリット語で「調和」を意味する言葉。美しさは、心と身体、すべてがバランスをとって調和しているもの、そんな理想の自分に一歩近づけてくれるウェルネスドリンクです。

<問>info@shantiswitchel.com

SHANTI SWITCHEL(Karatsu Style)

    specialbanner

    Ranking

    1. 子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

    2. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    3. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    4. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    5. 年齢に囚われることは損でしかない。昔は「おばさん」今は「女子」

    6. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    7. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    8. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    9. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    10. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    1. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    2. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    3. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    4. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    7. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    8. 子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

    9. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    10. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    8. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    9. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    10. 【セルフチェックリスト】取れない疲れ、「3つのストレス」のせいかも

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら