1. Home
  2. MIND
  3. トレンドから習慣へ。ユニークで合理的なNYの瞑想スタイル

トレンドから習慣へ。ユニークで合理的なNYの瞑想スタイル

1,184

白石 里美

トレンドから習慣へ。ユニークで合理的なNYの瞑想スタイル

日本でもマインドフルネスという言葉を耳にするようになりましたが、自分の体をケアするように心のケアもすることは、より充実した人生のために欠かせません。そのために、多くのニューヨーカーが習慣にしているのがメディテーション(瞑想)です。

5年ほど前までは、ヨガスタジオで月に一度瞑想のクラスが開催される程度でしたが、2015年頃からマンハッタン瞑想専門のスタジオが次々とオープンして話題になりました。

いまニューヨーカーに人気の瞑想スタジオ

2015年にオープンした「Inscape(インスケープ)」は、ニューヨークの人気セレクトストア「Inter Mix(インター・ミックス)」の創設者兼元CEO Khajak Keledjian氏による瞑想スタジオです。同氏は長年瞑想を愛好していることでも知られています。アメリカの会社経営者は瞑想を習慣にする人が多いようです。

201706_inscape_01.jpg

Inscapeは広いロビーに、たくさんのソファや一人がけのアームチェアが置かれていて、内装にも凝ったお洒落な空間。メディテーションルームは2つあり、そのうちの1つには座椅子のようなチェアが置かれ、もう1つには横になれる小さなベットのようなチェアが置かれています。

ユニークな空間で行われる瞑想と社交

クラスはオーディオガイダンスによって導かれ、インストラクターがいないというニューヨークでも珍しいスタイル。フォーカスマインドフルネスマントラヴィジュアリゼーションなど22分から88分までのクラスが用意されています。金額は1回18ドルから29ドル。168ドルの月会費を払えば無制限で使用できます。

クラスの前後にロビーでゆっくりして、他のメンバーとの社交を楽しむ人も多いようです。近年、ニューヨークでは、バーに行く代わりに瞑想スタジオで社交するのがトレンドとも言われており、会員制のエクスクルーシブなスタジオでは、スタートアップの創設者がパートナーや投資家候補を探しにくることも少なくないそう。

とはいえ、誰もがスタジオに通って瞑想する時間があるわけではありません。そのため、より一般に浸透しているのが瞑想のためのアプリです。Inscapeでもアプリを提供しています。

ベストアプリに選ばれた「Meditation Studio」

個人的にいくつか使ったなかで一番気に入っているのが、「Meditation Studio」という瞑想アプリです。

201706_inscape_02.jpg

従来の瞑想アプリは、月会費制であったり、それぞれのコンテンツが有料のものが多いなか、「Meditation Studio」は3.99ドルで購入すると、全てのコンテンツが無料で楽しめます。初心者向けの入門コース習慣を見直すためのコースなど、15~19セッションのコースや、ストレス、不眠、不安などの症状別のセッションなど内容も充実しており、複数のインストラクターからさまざまなスタイルのメディテーションセッションが受けられるのが魅力。 同アプリは2016年のアップル社のベストアプリトップ10に入っているほど人気だそう。

食事や運動に気を使うニューヨーカーが、最後の関門として熱心にケアをするのがマインド(精神)。このマインドフルネスや瞑想は、もはやトレンドを超えて、欠かせないものとして浸透しています。

photo by Thinkstock/Getty Images

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた