1. Home
  2. EAT
  3. 隠し味は三杯酢。10分で本格的な「鱈と夏野菜のアクアパッツァ」

隠し味は三杯酢。10分で本格的な「鱈と夏野菜のアクアパッツァ」

隠し味は三杯酢。10分で本格的な「鱈と夏野菜のアクアパッツァ」

おうちでもバーべーキューなどの野外でもパパッとできて美味しいお手軽料理のひとつが、イタリアの魚料理「acquapazza(アクアパッツァ)」です。

元々acquaは「水」。pazzaには「狂った」とか「暴れる」という意味があります。魚を丸ごと1匹、オリーブオイルで表面をさっと焼き、そこに水を投入。沸き立つ水に白ワイン、香味野菜、トマトにオリーブやハーブを加えて、グツグツと煮るだけ、と簡単なのに本格的なおもてなし料理にもなるメニュー。ブイヨンや特別な調味料を使わずシンプルな材料でできるのに、それぞれが調和して驚くほど美味しいスープになりますよ!

今回は、より手軽に切り身の鱈を使い、旬の夏野菜とあわせます。隠し味として三杯酢をちょい足しすると......さらに美味しさがパワーアップ! 年齢問わず幅広く愛されるレシピになりました。

「鱈と夏野菜のアクアパッツァ」レシピ

20170617_seasonrecipe_1.jpg<材料>2人前 / 調理時間10分

ニンニク 1/2片オリーブオイル 大さじ2鱈(切り身) 2切(a)塩、コショウ 少々薄力粉 小さじ2アスパラ 2本アンチョビ 2切れ白ワイン 50cc(b)トマト 1個ズッキーニ 1/2本ブラックオリーブ 2粒水 100cc(仕上げ)三杯酢 大さじ2

<作り方>

1.トマトは8等分の角切りに、ブラックオリーブは4等分の輪切りにする。ズッキーニは、スライサーを使って縦にスライス。アスパラは、袴を取って横半分に切る。2.鍋にニンニクのみじん切りとオリーブオイルを入れ、弱火で炒める。3.(2)に(a)をまぶして鱈を皮目から加え、アスパラ・アンチョビと一緒に焼く。鱈の皮目に少し焼き目を付けて裏返す。(中火)4.白ワインを加えて10秒程度アルコールを飛ばし、(b)を全て加えて蓋を閉め5分ほど煮込む(中火~中強火)5.火を止めて三杯酢をかけたら完成。

20170617_season_sanbaisu.jpg
今回使用したのは、内堀醸造「三杯酢」。一本持っていると重宝します。酢の物はもちろん、ゴマ油を足して、中華ドレッシングに。チャーハンの仕上げに鍋肌から少量かけても美味しいです!

アクアパッツァを美味しく仕上げる調理ポイント

・本来アクアパッツァは、丸1匹の魚を使うイメージがありますが、切り身のお魚でも作れます。もちろん冷凍の魚でもOK!

・塩コショウは、極軽めに。魚に塩コショウを振るのは臭みを除くため、アンチョビの塩分もあるのでたくさんかけない様にご注意を。

・ニンニクは、弱火でじっくり香りが出るまで、ゆっくり炒めると風味よく仕上がります。

・隠し味として「三杯酢」で仕上げると、さわやかな風味がプラスされ、年齢問わず幅広く愛される味付けに。

>>「旬を楽しむレシピ」をもっと読みたい

(フードコーディネーター・料理のツボ研究家 つちだ縁)

つちだ縁(ゆかり)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    2. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    3. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    4. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    5. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    8. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    9. 高反発なのに、マシュマロのように柔らかい「極上枕」

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    2. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    5. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    6. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    7. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    8. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    9. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. すっぱいにおいは健康の証。おりものって何ですか?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    隠し味は三杯酢。10分で本格的な「鱈と夏野菜のアクアパッツァ」

    FBからも最新情報をお届けします。