1. Home
  2. BODY
  3. 「ほんのちょっとの運動」で幸福度が顕著にあがる!

「ほんのちょっとの運動」で幸福度が顕著にあがる!

「ほんのちょっとの運動」で幸福度が顕著にあがる!

運動不足で悩み続けている人は、運動とは筋力をつけたり、汗をかいたりするものと、自分でハードルを上げているかもしれません。でも、ほんの少しの運動でもする意味があるんだそう。少しの運動でも幸福度が上がるというライフハッカーの記事をご紹介します。

ライフハッカー[日本版]より:運動が幸福度を上げてくれることについては、誰でも一度は聞いたことがあるでしょう。けれども、ジムに通う習慣がない人にとっては、当惑するような情報かもしれません。体を動かすことの少ない人たちはこう思うでしょう。運動すれば息が切れ、筋肉痛になり、大量の汗をかくのに、疲れてぐったりしたり痛かったり、あるいは体力がなくて恥ずかしかったり、といった以外の気分にどうやったらなれるんだと。このもっともな疑問に対し、コネチカット大学の研究チームが興味深い答えを提示しています。自分を限界まで追い込むような運動にもたくさんの利点はありますが、運動によって気分を高めることが目的であれば、ジムやジョギングコースで自分にストレスを与える必要はないと、研究チームは述べています。あまり活動的でない人は、椅子から立ち上がったり、散歩に出掛けたりするだけで、幸福度を大幅に上げることができるそうです。

汗をかかなくても大丈夫

今回の研究では、健康上の問題はないがあまり健康的とはいえない中年419人を対象に、加速度計で4日間の活動を追跡しました。また、心の健康状態について定期的に質問を行いました。その結果、椅子から立ち上がる、数分間歩くなど、少し体を動かすだけで、幸福度が顕著に上昇することがわかりました。研究を率いたGregory Panza氏は、「身体的な活動がまったくない状態の場合、少し活動するだけで主観的な幸福度を上げることができます」とコメントしています。「あまり体を動かさない人にとっては、激しい運動をしなくても幸福度が上昇することは朗報です」研究論文では、汗をかくほどの運動は必要ないと強調しています。近所の公園やショッピングセンターを歩きまわるなど、心拍数すら上昇しない活動で十分な効果があるというのです。しかも、最も大きな効果が見られたのは、最も活動的でないグループでした。つまり、椅子に座っている時間が長いほど、立ち上がるだけで幸福度が大きく上昇するということです(ただし、被験者は全員、精神的に健康な状態で研究に参加しました。そのため、うつ病などの深刻な精神疾患を抱えている場合、同様の効果は必ずしも見込めないと、論文には書かれています)。

散歩の驚くべき効果

歩くだけでこれほどの効果があると知って、驚いた人もいるかもしれません。けれども、活動レベルをほんの少し上昇させるだけで驚くほど大きな効果があると示唆する研究はすでにいくつも存在します。ある研究では、時おりオフィスのまわりを5分間歩くだけで、一日中座っていることによる健康への悪影響を緩和できると指摘しています。散歩によって認知機能や記憶力が向上すると示唆する研究もあります。結論は明白。今より幸せになりたければ、無理矢理でも立ち上がり、数分だけでも散歩することを日課にすべきだということです。こんな小さなことで違いがあるのだろうかと思うでしょう。けれども科学は、気分を高めるのは思っているよりずっと簡単だと示唆しているのです。身体に直接効果がなかったとしても、健やかな心のためと考えれば、運動を始めるハードルが下がりますね。運動しなきゃと気負わずに散歩くらいから始めてみるのがいいのかもしれません。Science Just Discovered the World's Easiest Happiness Booster|Inc.Jessica Stillman(訳:米井香織/ガリレオ)

ライフハッカー(日本版)

Photo by gettyimages.

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    2. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    3. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    4. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    5. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    8. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    9. 高反発なのに、マシュマロのように柔らかい「極上枕」

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    2. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    5. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    6. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    7. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    8. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    9. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. すっぱいにおいは健康の証。おりものって何ですか?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    「ほんのちょっとの運動」で幸福度が顕著にあがる!

    FBからも最新情報をお届けします。