1. Home
  2. EAT
  3. だるさや疲れを吹き飛ばすビタミンB群の力に注目 #ポジティブ栄養学

だるさや疲れを吹き飛ばすビタミンB群の力に注目 #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

1,013

だるさや疲れを吹き飛ばすビタミンB群の力に注目 #ポジティブ栄養学

仕事に家事、子育てと忙しい毎日を送っている女性。身体のコンディションが上向きだと、テキパキと作業を済ませることができて、なんだかうれしくなりますよね。でも逆に、疲れがたまっていたりすると、同じ作業でも時間がかかってしまったり。梅雨の気候も重なって、調子が出ないことも多いかもしれません。

だるさや疲れの理由にはいろいろありますが、ひとつ、注目してほしいのがビタミンB群の存在です。

ビタミンB群は身体のいたるところで活躍

ビタミンB群は、食べたものを、身体で使うことのできるエネルギーに変えるのに不可欠な栄養素。ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12、葉酸からなり、それぞれが助け合いながら仕事をしています。たとえば、食べ物に含まれるビタミンB群を、体内で活用できるよう活性型に変えるもそのひとつ。たとえばビタミンB6が体内ではたらくにはビタミンB2の助けが必要、といった具合です。

仕事はそれだけではありません。たとえば、心に安らぎをもたらすセロトニン、やる気をもたらすドーパミンをつくるのに関わったり、全身に酸素を運ぶ赤血球をつくるのに関係したり。美しい肌もB群との関係は密接です。

にもかかわらず、コンビニや外食を利用することが多い現代人は、食事からとるビタミンB群の量は少なめの傾向にあります。というのも、白米やパン、加工食品は、精製や加工の段階でビタミンB群が減りがちだから。

必要量は多いのに、とるのが難しいビタミンB群。足りなくなってくるとさまざまな不調があらわれますが、そのひとつがだるさ。エネルギー作りがスムーズでなくなり、疲れが残りやすくなるというわけです。

ビタミンB群をムダ使いしないために工夫を

ビタミンB群は肉や魚、豆、穀物など幅広いものに入っています。たとえばコンビニでおにぎりを買うなら、おかずもプラス。ランチを選ぶなら丼物よりボリュームおかずがついた定食がおすすめです。白米を炊くなら雑穀をプラスするのもいいですね。きび、あわ、黒米など、自分でブレンドするのも楽しそうです。

そしてムダ使いしない工夫もちょこっと意識。「パーッとお酒でも飲もう! 」「甘いものでも食べて元気だそう! 」という行動はビタミンB群を多く消費するのでほどほどに。抗生物質やピルを飲んでいる人も不足しがちです。食べ物からとるのが難しそうなら、サプリの力を借りるのも悪くないと思います。私もお酒を飲む前など、とくにお世話になっています。

かつては朝は苦手で家事もままならなかった私ですが、ビタミンB群を意識するようになってからテキパキと動けるようになり、うれしい気持ちになります。毎日を気分よく過ごすために、まず大事な栄養素だと思います。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スターだってつらいのよ。不安障害やパニック発作を持つ10人のセレブ

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    9. じつは誰にでも起こりうる。「頭痛」との上手な付き合い方

    10. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン