1. Home
  2. EAT
  3. 毎日ビタミン補給。紫外線に負けない肌をつくる食材&簡単レシピ

毎日ビタミン補給。紫外線に負けない肌をつくる食材&簡単レシピ

片岡理森

毎日ビタミン補給。紫外線に負けない肌をつくる食材&簡単レシピ

梅雨が明けると日射しが一気に強くなります。いまのうちから紫外線ダメージに耐えられる肌づくりをはじめたい。美肌を守るビタミンたっぷりの食材を、マイロハスの記事のなかから集めました。

細胞膜を酸化から守るビタミンE

201706_vitamin_food_01.jpg

酸化しやすい肌細胞。無防備でいるとシミやシワを増やしてしまうことに。ビタミンEは細胞膜の脂の部分に入り込み、身代わりになって酸化することで膜を守ってくれるのだとか。ビタミンEが多い食材はアボカドアーモンドごまなど。>>強くなる紫外線。肌を守るために摂りたいビタミン2種 #ポジティブ栄養学

ビタミンEを復活させるビタミンC

201706_vitamin_food_02.jpg

ヨーロッパではビタミン・ミネラル豊富な栄養食材として知られるパプリカ。ピーマンやレモンの2倍以上のビタミンCが含まれているうえ、ビタミンA・B2・E、βカロテン、ミネラルも豊富。生のままではもちろん、ミキサーでクリーム状にしてパスタソースにすると食べやすい。>>優秀な緑黄色野菜、パプリカのクリームパスタ【南イタリア美人レシピ】

抗酸化作用の強いリコピン

201706_vitamin_food_03.jpg

カゴメ株式会社の研究によると、トマトジュースの継続飲用(12週間)は、紫外線により暗くなった肌の色調の回復を早める可能性があるのだとか。トマトジュースとしてはもちろん、アレンジして冷製パスタにしても使えます。>>美白ならトマトでしょ。冷製パスタに、冷たいスープ毎日続けるトマトジュース

ビタミンCとビタミンUがたっぷり

201706_vitamin_food_04.jpg

ビタミンCだけじゃなく、体内では生成できないビタミンUが摂れるキャベツ。胃腸の粘膜や肝機能を正常に保つ効果があるといわれています。火を通したり塩もみすることで、カサが減り、量を多く摂ることが可能。豊富なアレンジ方法があるので丸ごと買って、毎日でも食べたい食材。>>丸ごと使い切るキャベツの作り置きレシピ3選

ポリフェノールでアンチエイジング

201706_vitamin_food_05.jpg

薬膳にも使われ、不老長寿の食材と呼ばれるクコの実。ビタミン・ポリフェノールが豊富で、美肌効果だけじゃなく、女性ホルモンのバランスを整えてくれたり、目の乾燥や疲れにも効果が期待できるのだとか。適量は1日にティースプーン1杯(10粒)程度なので、お茶やスープに入れると採りやすそう。>>薬膳アドバイザーに聞く。女性にうれしい「クコの実」の効果的な食べ方

毎日コツコツ食べることから肌を健やかに保つことができる栄養食材。色鮮やかなものが多いので、テーブルが華やかになりそうなのもうれしいポイント。

    Ranking

    1. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット

    7. 医師が教える「足がむくむ5つの理由」と元通りにする方法

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技

    6. 空気清浄だけじゃない、観葉植物が身体にもたらすメリット8つ

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    9. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技