1. Home
  2. STYLE
  3. ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

1,283

植村美智子

ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

おしゃれな雰囲気は、洋服だけでは作れません。着こなし力? 雰囲気作り? もちろんそれも必要ですが、それ以上に重要なのが"ヘアメイク"。どれだけ素敵な洋服を着ていても、ヘアメイクとずれていると、その素敵さは半減どころかマイナスになってしまいます。

おしゃれのおさらい」からリニューアルしたファッション連載「Enjoy Fashion!」初回は、より自分らしくおしゃれを楽しむための第一歩として、ファッションとヘアメイクの関係性について考えてみます。

リラックス感あるスタイルは、ヘアを中心に

たとえば、"ロングスカート+スニーカー"、"ワイドパンツ+フラットサンダル"など、今の主流でもあるリラックス感あるスタイルで、ベースもアイメイクもしっかりのバッチリメイクというのはどうでしょう? メイクの気合いが、せっかくのリラックス感を台無しにしてしまい、どこか古臭く、残念なことになってしまいます。

しっかりメイクに慣れてしまっていると、少しナチュラルにするだけでも不安になってしまうのはわかります。でも、自己満足なファッションにしないためには、ファッションとメイクの雰囲気を、合わせていかなければいけません。

では、ヘアスタイルもラフにすればいいのかというと、それはちょっと難しいところ。ラフにしすぎてしまうと、ご近所に出掛ける雰囲気にしかならないかも。どちらかと言うと、リラックス感のあるスタイルのときは、メイクよりヘアスタイルに力を入れたほうが良さそうですね。(もちろん、ほどほどに)

メガネのときは、メイクを引き算する

メガネスタイルでのバッチリメイクも、考えもの。度入りの本気メガネも、おしゃれアイテムとしての伊達メガネも、アイメイクがバッチリすぎると、若作り感、もしくはコスプレ感が否めなくなってしまいます。大人の女性がメガネを掛けるときは、いつものメイクから少し引き算してあげたほう方が、素敵な雰囲気が作れそうです。

キレイめスタイルは、きちんとメイクで

きりっとしたコンサバティブなスタイルや、ふんわりフェミニンなスタイル。キレイめスタイルを作り上げる場合、ノーメイクやナチュラルすぎるメイクでは軽くなってしまうかも。光沢のある素材のトップスやふんわりしたスカート、ゴールドのアクセサリーやヒールシューズなどが、自分の顔に馴染まず浮いてしまうことも。きちんとベースを作り、肌の色を明るく見せたり、しっかりアイメイクで印象を強くしたり、チークやリップで色味をプラスしたり......。自分の顔の特徴、好みに合わせ、きちんとメイクし、華やかさをプラスすることが必要です。

ヘアスタイルはどうでしょう? キレイめスタイルの場合、自分の作り上げたい雰囲気次第かもしれません。ラフにまとめヌケ感を出したり、きっちり決めてスタイリッシュにまとめたり。いろいろ試して、イメージしている自分に近づけるヘアスタイルを探すのも楽しいかもしれませんね。

ファッションと同じく、年齢やそのときの流れに合わせ、ヘアメイクもアップデートが必要です。今のメイクは、どのくらい前から続けていますか? 最後にヘアスタイルを変えたのはいつでしょう? 自分のファッションがしっくりこない、なにかおかしい......と感じているなら、きっとヘアやメイクも見直してみるタイミングです。

イラスト/米山夏子

イラスト/米山夏子

    Ranking

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    5. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    8. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    9. 2021年5月10日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    5. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    6. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    7. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    8. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 呼吸も心もクリアに。インテリアグリーンとの暮らし方5選

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    6. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    7. 片付けられない人の最後の駆け込み寺。石阪京子さんが教える「3日間集中片付け術」

    8. 【心理テスト】あなたの人気ポイントはこちらです

    9. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    10. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら