1. Home
  2. STYLE
  3. ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

1,544

植村美智子

ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

おしゃれな雰囲気は、洋服だけでは作れません。着こなし力? 雰囲気作り? もちろんそれも必要ですが、それ以上に重要なのが"ヘアメイク"。どれだけ素敵な洋服を着ていても、ヘアメイクとずれていると、その素敵さは半減どころかマイナスになってしまいます。

おしゃれのおさらい」からリニューアルしたファッション連載「Enjoy Fashion!」初回は、より自分らしくおしゃれを楽しむための第一歩として、ファッションとヘアメイクの関係性について考えてみます。

リラックス感あるスタイルは、ヘアを中心に

たとえば、"ロングスカート+スニーカー"、"ワイドパンツ+フラットサンダル"など、今の主流でもあるリラックス感あるスタイルで、ベースもアイメイクもしっかりのバッチリメイクというのはどうでしょう? メイクの気合いが、せっかくのリラックス感を台無しにしてしまい、どこか古臭く、残念なことになってしまいます。

しっかりメイクに慣れてしまっていると、少しナチュラルにするだけでも不安になってしまうのはわかります。でも、自己満足なファッションにしないためには、ファッションとメイクの雰囲気を、合わせていかなければいけません。

では、ヘアスタイルもラフにすればいいのかというと、それはちょっと難しいところ。ラフにしすぎてしまうと、ご近所に出掛ける雰囲気にしかならないかも。どちらかと言うと、リラックス感のあるスタイルのときは、メイクよりヘアスタイルに力を入れたほうが良さそうですね。(もちろん、ほどほどに)

メガネのときは、メイクを引き算する

メガネスタイルでのバッチリメイクも、考えもの。度入りの本気メガネも、おしゃれアイテムとしての伊達メガネも、アイメイクがバッチリすぎると、若作り感、もしくはコスプレ感が否めなくなってしまいます。大人の女性がメガネを掛けるときは、いつものメイクから少し引き算してあげたほう方が、素敵な雰囲気が作れそうです。

キレイめスタイルは、きちんとメイクで

きりっとしたコンサバティブなスタイルや、ふんわりフェミニンなスタイル。キレイめスタイルを作り上げる場合、ノーメイクやナチュラルすぎるメイクでは軽くなってしまうかも。光沢のある素材のトップスやふんわりしたスカート、ゴールドのアクセサリーやヒールシューズなどが、自分の顔に馴染まず浮いてしまうことも。きちんとベースを作り、肌の色を明るく見せたり、しっかりアイメイクで印象を強くしたり、チークやリップで色味をプラスしたり......。自分の顔の特徴、好みに合わせ、きちんとメイクし、華やかさをプラスすることが必要です。

ヘアスタイルはどうでしょう? キレイめスタイルの場合、自分の作り上げたい雰囲気次第かもしれません。ラフにまとめヌケ感を出したり、きっちり決めてスタイリッシュにまとめたり。いろいろ試して、イメージしている自分に近づけるヘアスタイルを探すのも楽しいかもしれませんね。

ファッションと同じく、年齢やそのときの流れに合わせ、ヘアメイクもアップデートが必要です。今のメイクは、どのくらい前から続けていますか? 最後にヘアスタイルを変えたのはいつでしょう? 自分のファッションがしっくりこない、なにかおかしい......と感じているなら、きっとヘアやメイクも見直してみるタイミングです。

イラスト/米山夏子

イラスト/米山夏子

    Ranking

    1. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    2. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    1. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    10. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    5. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    6. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら