1. Home
  2. STYLE
  3. ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

植村美智子

ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

おしゃれな雰囲気は、洋服だけでは作れません。着こなし力? 雰囲気作り? もちろんそれも必要ですが、それ以上に重要なのが"ヘアメイク"。どれだけ素敵な洋服を着ていても、ヘアメイクとずれていると、その素敵さは半減どころかマイナスになってしまいます。

おしゃれのおさらい」からリニューアルしたファッション連載「Enjoy Fashion!」初回は、より自分らしくおしゃれを楽しむための第一歩として、ファッションとヘアメイクの関係性について考えてみます。

リラックス感あるスタイルは、ヘアを中心に

たとえば、"ロングスカート+スニーカー"、"ワイドパンツ+フラットサンダル"など、今の主流でもあるリラックス感あるスタイルで、ベースもアイメイクもしっかりのバッチリメイクというのはどうでしょう? メイクの気合いが、せっかくのリラックス感を台無しにしてしまい、どこか古臭く、残念なことになってしまいます。

しっかりメイクに慣れてしまっていると、少しナチュラルにするだけでも不安になってしまうのはわかります。でも、自己満足なファッションにしないためには、ファッションとメイクの雰囲気を、合わせていかなければいけません。

では、ヘアスタイルもラフにすればいいのかというと、それはちょっと難しいところ。ラフにしすぎてしまうと、ご近所に出掛ける雰囲気にしかならないかも。どちらかと言うと、リラックス感のあるスタイルのときは、メイクよりヘアスタイルに力を入れたほうが良さそうですね。(もちろん、ほどほどに)

メガネのときは、メイクを引き算する

メガネスタイルでのバッチリメイクも、考えもの。度入りの本気メガネも、おしゃれアイテムとしての伊達メガネも、アイメイクがバッチリすぎると、若作り感、もしくはコスプレ感が否めなくなってしまいます。大人の女性がメガネを掛けるときは、いつものメイクから少し引き算してあげたほう方が、素敵な雰囲気が作れそうです。

キレイめスタイルは、きちんとメイクで

きりっとしたコンサバティブなスタイルや、ふんわりフェミニンなスタイル。キレイめスタイルを作り上げる場合、ノーメイクやナチュラルすぎるメイクでは軽くなってしまうかも。光沢のある素材のトップスやふんわりしたスカート、ゴールドのアクセサリーやヒールシューズなどが、自分の顔に馴染まず浮いてしまうことも。きちんとベースを作り、肌の色を明るく見せたり、しっかりアイメイクで印象を強くしたり、チークやリップで色味をプラスしたり......。自分の顔の特徴、好みに合わせ、きちんとメイクし、華やかさをプラスすることが必要です。

ヘアスタイルはどうでしょう? キレイめスタイルの場合、自分の作り上げたい雰囲気次第かもしれません。ラフにまとめヌケ感を出したり、きっちり決めてスタイリッシュにまとめたり。いろいろ試して、イメージしている自分に近づけるヘアスタイルを探すのも楽しいかもしれませんね。

ファッションと同じく、年齢やそのときの流れに合わせ、ヘアメイクもアップデートが必要です。今のメイクは、どのくらい前から続けていますか? 最後にヘアスタイルを変えたのはいつでしょう? 自分のファッションがしっくりこない、なにかおかしい......と感じているなら、きっとヘアやメイクも見直してみるタイミングです。

イラスト/米山夏子

イラスト/米山夏子
    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?