1. Home
  2. STYLE
  3. ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

1,419

植村美智子

ファッションとヘアメイクのちょうどいい関係【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。

おしゃれな雰囲気は、洋服だけでは作れません。着こなし力? 雰囲気作り? もちろんそれも必要ですが、それ以上に重要なのが"ヘアメイク"。どれだけ素敵な洋服を着ていても、ヘアメイクとずれていると、その素敵さは半減どころかマイナスになってしまいます。

おしゃれのおさらい」からリニューアルしたファッション連載「Enjoy Fashion!」初回は、より自分らしくおしゃれを楽しむための第一歩として、ファッションとヘアメイクの関係性について考えてみます。

リラックス感あるスタイルは、ヘアを中心に

たとえば、"ロングスカート+スニーカー"、"ワイドパンツ+フラットサンダル"など、今の主流でもあるリラックス感あるスタイルで、ベースもアイメイクもしっかりのバッチリメイクというのはどうでしょう? メイクの気合いが、せっかくのリラックス感を台無しにしてしまい、どこか古臭く、残念なことになってしまいます。

しっかりメイクに慣れてしまっていると、少しナチュラルにするだけでも不安になってしまうのはわかります。でも、自己満足なファッションにしないためには、ファッションとメイクの雰囲気を、合わせていかなければいけません。

では、ヘアスタイルもラフにすればいいのかというと、それはちょっと難しいところ。ラフにしすぎてしまうと、ご近所に出掛ける雰囲気にしかならないかも。どちらかと言うと、リラックス感のあるスタイルのときは、メイクよりヘアスタイルに力を入れたほうが良さそうですね。(もちろん、ほどほどに)

メガネのときは、メイクを引き算する

メガネスタイルでのバッチリメイクも、考えもの。度入りの本気メガネも、おしゃれアイテムとしての伊達メガネも、アイメイクがバッチリすぎると、若作り感、もしくはコスプレ感が否めなくなってしまいます。大人の女性がメガネを掛けるときは、いつものメイクから少し引き算してあげたほう方が、素敵な雰囲気が作れそうです。

キレイめスタイルは、きちんとメイクで

きりっとしたコンサバティブなスタイルや、ふんわりフェミニンなスタイル。キレイめスタイルを作り上げる場合、ノーメイクやナチュラルすぎるメイクでは軽くなってしまうかも。光沢のある素材のトップスやふんわりしたスカート、ゴールドのアクセサリーやヒールシューズなどが、自分の顔に馴染まず浮いてしまうことも。きちんとベースを作り、肌の色を明るく見せたり、しっかりアイメイクで印象を強くしたり、チークやリップで色味をプラスしたり......。自分の顔の特徴、好みに合わせ、きちんとメイクし、華やかさをプラスすることが必要です。

ヘアスタイルはどうでしょう? キレイめスタイルの場合、自分の作り上げたい雰囲気次第かもしれません。ラフにまとめヌケ感を出したり、きっちり決めてスタイリッシュにまとめたり。いろいろ試して、イメージしている自分に近づけるヘアスタイルを探すのも楽しいかもしれませんね。

ファッションと同じく、年齢やそのときの流れに合わせ、ヘアメイクもアップデートが必要です。今のメイクは、どのくらい前から続けていますか? 最後にヘアスタイルを変えたのはいつでしょう? 自分のファッションがしっくりこない、なにかおかしい......と感じているなら、きっとヘアやメイクも見直してみるタイミングです。

イラスト/米山夏子

イラスト/米山夏子

    Ranking

    1. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    2. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    5. 驚くほど簡単だった。新生姜でつくるジンジャーシロップ。ジンジャーエールにも紅茶にも

    6. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    7. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    8. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    9. 人気料理家・栗原はるみさんが解決。料理下手でも自炊を続けるコツ

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    2. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    3. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    4. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    7. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    4. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    9. もしも「EV」を持ったら、こんなにワクワクの毎日が待っている

    10. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら