1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 五感を意識するだけ。忙しい朝を気持ちよくする4つの習慣

五感を意識するだけ。忙しい朝を気持ちよくする4つの習慣

五感を意識するだけ。忙しい朝を気持ちよくする4つの習慣

朝は1日のはじまり。忙しくてついバタバタしがちですが、ゆったりとした気持ちで過ごすことができたら、毎日がもっと上質になる気がします。

その第一歩として、まずは発想の転換を。いつものルーティンをすこしだけていねいに、「五感」を集中して行ってみる......。そんなぜいたくな朝時間の過ごし方を意識してみませんか。

習慣1. 家じゅうの空気を入れ替える

20170613_dicila_01.jpg朝いちばんの仕事といえば、換気。よどんだ夜の空気を、朝のまっさらな空気に入れ替えると、身も心もすっきりします。

ドイツの主婦は、人をもてなすときは必ず換気してから迎えるとか。居心地よさの基本は「新鮮な空気」と考えて、毎朝の習慣にしたいものです。

五感を磨くポイントは、「ハイ、開けた。次!」と急いで窓を開けてまわるのではなく、ひと呼吸おいて空の色やベランダのグリーンを眺めたり、鳥の声に耳を澄ませたりすること。視覚と聴覚がほどよく刺激されて、心と体が気持ちよく目覚めます。

習慣2.テレビはつけずに「おいしい音」を聴く

20170613_dicila_02.jpg習慣でつけてしまいがちなテレビ。あえてつけずに朝ごはんの支度をすると、様々な「おいしい音」が耳に飛び込んでくることに気がつきました。

コーヒーをドリップするときのコポコポ音。熱したフライパンに卵を落としたときの、威勢のいいジュワッという音。テレビにかき消されていた音に集中しながら料理をすると、いつもの朝ごはんの味もランクアップ。もれなく「おいしい香り」もついてくるので、嗅覚からも食欲を増進してくれて一石二鳥です。

習慣3.心地いい素材のタオルを使う

20170613_dicila_03.jpg洗顔からスキンケア、メイクまでの一連の作業は、とにかく時間がかかります。次から次へとステップを済ませたくなりますが、触覚を意識することで、同じ時間でもゆったりした気分を味わうことができるようです。

たとえば洗顔は、肌を刺激しない「ぬるま湯」にしっかり温度調整を。顔をふくときは、上質なふわふわのタオルに顔をうずめるようにして、そっと水滴をおさえるように。洗い立ての清潔なタオルのやさしい肌ざわりが、焦りがちな朝の気持ちを落ち着かせてくれます。

習慣4.スキンケアは香りで選ぶ

20170613_dicila_05.jpg乾いた肌をなんとかしたい、シミ・シワを防ぎたい。スキンケアはそんなふうに、目的で選びがち。ときには自分の嗅覚を大切に、心から好きだと思える香りで選んでみると、朝のスキンケア自体が癒しのひとときに変わります。 たとえば薔薇の香りのなかでも最高級とされるブルガリアンローズは、香料としてはもちろん、女性を健康に、美しく、若々しくする力を持つと信じられてきました。ブルガリアでは朝食の前に、薔薇のエッセンスを凝縮したローズジャムをコップ1杯の水とともに食べる習慣があり、顔の色つやがよくなるといわれています。高貴なブルガリアンローズの香りに包まれてスキンケアができたなら、嗅覚から女性らしさすら目覚めさせてくれるかもしれません。

五感をうるおすブルガリアンローズのスキンケア

20170606_dicila_pro.jpg
(画像左から)ディシラ EX シナジーリザーブ 12,960円(税込)、ディシラ EX オプティマセラム 各12,960円(税込)、ディシラ EX ディフェンシスト デーリザーブ 5,940円(税込)

そんなブルガリアの「薔薇の谷」で生まれた世界最高品質かつ稀少なローズウオーターとオイル(精油)を、すべてのアイテムにぜいたくに配合したスキンケアラインが「ディシラEX。ローズウオーターの精油はブルガリアの国家基準を含有していれば問題ないとされていますが、「ディシラEX」が採用している精油は、なんと基準値の倍。ブルガリア政府お墨付きとして、ブルガリア国立バラ研究所の分析証明書も取得しています。 1年にたった3週間しか開花することのないブルガリアンローズ。そのなかでもローズウオーターになるのは、開花する直前の薔薇だけ。効果成分と香り成分がもっとも多く、生命力に満ちているのだそう。

20170613_dicila_07.jpgその薔薇を早朝、1輪1輪見極めて、ていねいに手摘みをして、新鮮なうちに蒸留所へ運ぶ......。最高の状態の薔薇だけで作るローズウオーターとローズオイルの力が、「ディシラEX」には凝縮されているのです。 優雅でみずみずしい香りに加えて、上質な素肌美を叶えるべく、ハリ感を与える保湿成分「酵母エキスAGコンプレックス(※1)」と、美白有効成分「4MSK(※2)」「m-トラネキサム酸(※3」を配合。肌と心を豊かに響かせて、生き生きとした生命力輝く肌へと導いてくれます。 ※1 酵母エキス、L-アルギニン塩酸塩、グリセリン※2 4-メトキシサリチル酸カリウム塩※3 mはメラニンの生成を抑える効果を示します

64通りから自分だけの組み合わせをオーダーメード

20170613_dicila_08a.jpgディシラEX」の基本ケアは、化粧液・夜用乳液・日中用乳液の2ステップ3アイテム。最新の感性研究から導いた「4つの感触」から自分だけのここちよさを組み合わせる、「64通りからのセミオーダーメード」システムを採用しています。 みずみずしさ、まろやかさ、しっとり感、すっきり感。使用中の使い心地と、使用後の肌感触で好みのアイテムを選び、まずは3日分の無料お試し見本を持ち帰って、納得してから購入するのが「ディシラEX」の約束。満足できるまで店頭で感触を選び直して試用をくり返す「スキンワークトライアルシステム」は、肌と心が納得するかどうかを徹底的に追及する方針から生まれたものです。 忙しい朝は、やるべきことを「済ませる」ことに集中しがち。そんなときほど「五感」で生活を味わうことで、心を研ぎ澄ませながら心身をチャージすることができます。 嗅覚と触覚をとことん満足させてくれる「ディシラEX」のスキンケアライン。稀少なブルガリアンローズの香りを胸いっぱいに吸い込み、自分好みの感触を楽しみながら肌に伸ばせば、朝時間がもっと充実したひとときになりそうです。 [ディシラEX]

Writing by田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. サラダにドレッシングを辞めると気づくこと

    2. 部屋が片付かない?そんなとき役立つ意外な5つの“処方箋”

    3. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    4. 『乳酸菌がすべてを解決する』の著者が教える、乳酸菌を効果的に摂り入れる方法

    5. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    6. 一時間ほどゴルフの打ちっ放しをする【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    7. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    8. 榮倉奈々がアンバサダー、アディダスの新ベースレイヤー「ALPHASKIN」

    9. 今夜は立食の「焼肉」です【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    10. 今日の運勢は? 1月17日の過ごし方【数字で読み解く365日】

    1. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    2. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    3. 部屋が片付かない?そんなとき役立つ意外な5つの“処方箋”

    4. 実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

    5. サラダにドレッシングを辞めると気づくこと

    6. 『乳酸菌がすべてを解決する』の著者が教える、乳酸菌を効果的に摂り入れる方法

    7. 寒い夜に火鍋、最高!【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    8. 体重を2キロ減らすために、やめるべき8つの習慣

    9. 身につけたら一生もの。生きていく上で役立つスキル5つ

    10. 「馬肉のカルパッチョ」を作ったら、こりゃ美味い!【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    2. 体重を2キロ減らすために、やめるべき8つの習慣

    3. 文筆家・甲斐みのりさんが語る、豊かな日々に欠かせないもの

    4. 1年の終わりにやるといいこと、やらない方がいいこと

    5. 目にも楽しい朝食で整える「築地本願寺カフェTsumugi」の朝ごはん

    6. すっぴん美人が実践するお風呂活用術

    7. 2018年、目指すは「快腸」! たった3日でできる「腸」リセット法

    8. 実は間違い!? カラダによくない7つの健康習慣

    9. 部屋が片付かない?そんなとき役立つ意外な5つの“処方箋”

    10. この冬に欲しいのは「やわらか肌のほっぺた」

    五感を意識するだけ。忙しい朝を気持ちよくする4つの習慣

    FBからも最新情報をお届けします。