1. Home
  2. EAT
  3. 梅雨むくみ解消には、肉・卵・魚を盛っていく #ポジティブ栄養学

梅雨むくみ解消には、肉・卵・魚を盛っていく #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

吉川圭美

梅雨むくみ解消には、肉・卵・魚を盛っていく #ポジティブ栄養学

いよいよ6月になり、梅雨入り宣言もそろそろ。雨が続くと気になるのがむくみです。身体が重く感じたり、だるさが抜けなかったりすること、ありませんか? 髪も湿気でボリュームが出てしまい、外に出るのもおっくう、気分もますます晴れない......。困ったものです。

むくみが起こる理由にはさまざまありますが、よくあるケースとして、タンパク不足というのもあります。ちょっと意外ですよね。

水分調節を担う"スポンジタンパク"アルブミン

タンパク質の一種でもあるアルブミン。血液中に多く含まれています。別名"スポンジタンパク"とも呼ばれ、全身をめぐって体内の余った水分を回収し調節しています。

しかしアルブミンが少ないと、この仕事がうまくできずに、むくみとなってあらわれることに。ガン患者さんがむくみに悩まされるのも、ガン細胞が増殖のために体内のアルブミンを使ってしまうことなどが考えられています。

ちなみに、薬の成分を体内で運ぶのもアルブミンの仕事。「最近、頭痛のときの痛み止め薬の量が増えたかも」という人は、アルブミンの不足に注目してみるとよいかもしれません。

野菜中心の食事を続けた人はとくに意識を

この状態を防ぐには、とにかくタンパク質をとること。とくに、野菜中心の食事で肉や卵、魚を避けてきた人は、アルブミンが下がりやすい傾向にあるので、たくさん食べましょう。

正直、私も梅雨時期があまり得意はありません。だからこそ、肉も魚もしっかり食べなきゃと改めて感じているところです。本格的な梅雨シーズンの前である今から意識することで、スッキリと軽やかに毎日を過ごしたいものです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

Photo by gettyimages

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由