1. Home
  2. MIND
  3. 自分の体を好きになれない女性に送るメッセージ

自分の体を好きになれない女性に送るメッセージ

1,045

自分の体を好きになれない女性に送るメッセージ

ドキュメンタリー映画『Embrace』が今話題となっています。登場人物はみな、自分のありのままを愛せず、理想の体形を求める苦悩の女性たち。女優でもあり、作家、そして「ボディ・イメージ・ムーブメント」の設立者でもあるタリン・ブルムフィットさんが制作しました。

彼女が知りたかったこと、それは「どうしてこんなにも多くの女性が自分の体形を嫌いなのか」。作品を通して、彼女は何を語りたかったのでしょうか。

3度の出産を通じて、体形の変化に苦しんだというタリン

本当に「外見よりも中身が大事」?

自分の体重・体形・外見に不満を持つ、世界中の女性たち。タリンの出会いの中には理想のパーフェクト・ボディを目指した結果、うつや摂食障害など病気になってしまった人もいます。そんな彼女たちが悩む姿は悲しく、痛々しい。いまの世の中が本当に中身だけで判断されるのならば、こんなにも苦労する人はきっと一人もいないはず。全てが理不尽できれいなきれいごとにも思えてきて、様々なことを考えさせられます。

もちろん最終手段として、整形することだって一つの選択肢。「当事者」の出した決断に他人がとやかく言うことは、むしろエゴでしかないのかもしれません。自分の体形に不満を抱えたタリン自身がそれでも整形に踏み切らなかったのは、「考え方をかえたから」。ずっとネガティブなままの自分にこもり体型ばかりにこだわるよりも、そのままの自分を愛し、楽しい人生を送りたかったから。人生を変えるすべての決定権は自分にあると彼女はいいます。

「もし無料で整形できるのならば手術したい」と答えたドイツ人は45%

(「stern TV (10.05.2017)」の調査から翻訳引用)

自分の人生を謳歌し、他人も尊重するということ

「美しくあること至上主義」の世の中。美しくあること、痩せていること、若々しくあり常にはつらつとしていること。努力をする女性は美しいものですが、人生におけるプライオリティはみな千差万別であると気づかされます。

満ち足りた人生、愛される自分であるためには美しくあることが一番大事な人もいて、そうじゃない人もいる。痩せているよりも、人生にはもっと大事なものがあるという人もいる。その決断は「正しいか、間違っているか」ではなく「ただ違う」というだけなのでしょう。見た目にとらわれず、世間の偏見の目をはねのけ、胸を張って女性が自分らしく生きられる世の中は、いつやってくるのでしょうか。

「私のとなりに並んだ人が最低限自分と同じぐらいの体形だとホッと安心する。意地悪よね? でもそれがホンネなの」

(「stern TV」より翻訳引用)

タリンの本当に伝えたかったこと、それは偏見は社会の産物であるということ。そして悲しいかな、女性の敵はいつの時代も世界中どこでも、女性そのものであるのかもしれません。

[『Embrace』,ボディ・イメージ・ムーブメント,stern TV

image via Shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. スターだってつらいのよ。不安障害やパニック発作を持つ10人のセレブ

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    9. じつは誰にでも起こりうる。「頭痛」との上手な付き合い方

    10. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン