1. Home
  2. EAT
  3. 丸ごと使い切るキャベツの作り置きレシピ3選

丸ごと使い切るキャベツの作り置きレシピ3選

2,022

片岡理森

丸ごと使い切るキャベツの作り置きレシピ3選

やわらかく、甘くておいしい旬の春キャベツ。スーパーでは丸ごと売られているものの方がお得ですが、いつも使い切れないことを考えてつい少量の切り売りを選んでいました。今回は、そんな悩みを一掃してくれそうなキャベツの作り置きレシピ保存法のポイントをご紹介します。

キャベツのおいしい保存法

太陽笑顔fufufu」によると、「キャベツは切った状態よりも、丸1個の方が保存がきく」のだとか。芯の部分から傷みはじめるので、芯をくり抜き、水で濡らしたペーパーを詰めておけば、冷蔵庫で約2週間もつそうです。

キャベツに含まれるビタミンCビタミンUは加熱に弱く水溶性なので、生食がよいのですが、たくさん食べられません。栄養素を上手に摂ることができる作り置きレシピとは?

キャベツの作り置きレシピ3選

ロールキャベツ(4人分)

スープ煮だから水溶性のビタミンCやビタミンUがしっかり摂れます。完全に煮上げず、少し手前で止めてタッパーにスープごと入れておけば冷蔵庫で約3~4日保存可能。味も薄目にして食べる直前に整えて。

201705_recipe_01.jpg

<材料>キャベツ 8~10枚(約1/2個)合いびき肉 300gパプリカ(赤・黄) 各1/3個玉ねぎ 1/2個パン粉 カップ1/2卵 1個A 塩 小さじ1/3こしょう 少々ナツメグ(あれば) 少々B 水 カップ2・1/2固形スープの素 1個白ワイン 大さじ2ローリエ 1枚塩、こしょう 少々

<作り方>1. キャベツは芯に切り込みを入れ、葉を丁寧にはがす。2. 鍋に湯を沸かし、軸のほうから入れて、しんなりするまで1~2分茹でる。ざるにあげてさます。3. 軸の太い部分はそいで薄くする。4. パプリカは型で4枚ずつ抜き、残りは粗みじん切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。5. ボウルにひき肉を入れ、A、パン粉、卵、4のみじん切りにしたパプリカと玉ねぎを加える。粘りが出るまでよく混ぜ、8等分して俵型にまとめる。6. 3の葉を一枚広げ、具を中央手前におく。手前、左右の順に葉をかぶせてしっかり巻く。葉に穴があいていたら、余分にゆでておいた葉をのせて穴をふさいでから巻く。7. 鍋に6をできるだけ隙間なく並べる。隙間が多ければ残った葉を詰めて、動かないようにする。8. Bを加えて強火にかけ、沸騰したらアクをとる。弱火にし、落とし蓋と蓋をして20~30分煮る。残り5分程度でパプリカを加えて煮る。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

コールスローサラダ(4人分)

キャベツのビタミンCとツナのタンパク質で美肌にも役立ちます。冷蔵庫で約4~5日保存可能。味をつけたサラダや和え物は保存容器に入れたままでは、上と下の部分では味の染み込み方が違ってしまいます。1日に1度上下を入れ替えるように混ぜると、全体の味が均一に。

201705_recipe_02.jpg

<材料>キャベツ 1/4個(250g)きゅうり 1/2本玉ねぎ 1/4個塩 小さじ1/2ツナ缶 1/2缶(35g)ホールコーン缶 大さじ2A マヨネーズ 大さじ2練りがらし 小さじ1酢 小さじ1塩、こしょう 少々

<作り方>1. キャベツは芯を取り除き、4~5㎝長さの細切りにする。きゅうりも細切りに、玉ねぎは薄切りにする。塩をして10分ほどおき、水気をしぼる。2. Aを合わせ、1、ツナ、コーンを混ぜる。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

ざく切りキャベツの甘酢づけ(4~5人分)

にんじんのビタミンAとキャベツのビタミンCで免疫力UP。冷蔵庫で約1週間保存可能。色の濃い外葉より、内側の葉の方が保存時の色がきれい。

201705_recipe_03.jpg

<材料>キャベツ 1/4個(250g)にんじん 3㎝(40g)しょうが 1かけ昆布 3㎝A 塩 小さじ1/2米酢 大さじ3砂糖 小さじ2

<作り方>1. キャベツは芯を取り除き、3㎝角程度のざく切りにする。人参、しょうがは3㎝長さのせん切りにする。2. 熱湯でキャベツ、にんじんを色が変わる程度にさっとゆで、ざるにあげて水気をきる。3. Aを合わせ、しょうが、昆布を加える。2を加えて混ぜる。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

火を通したり塩もみすることで、カサが減り、量を多く摂ることができそう。時間のかかる煮込み料理も、途中まで作って置くことで時短に。かしこく、おいしく使い切って旬の味を満喫したいと思います。

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由