1. Home
  2. EAT
  3. 森を守る活動から生まれた無添加ドッグフード「鹿のめぐみ」

森を守る活動から生まれた無添加ドッグフード「鹿のめぐみ」

森を守る活動から生まれた無添加ドッグフード「鹿のめぐみ」

家族同様の愛犬たちにも、おいしい食事を与えたいと思っている人は多いと思います。そんな想いとは一見遠そうな、国内各地の森を守る活動から生まれたドッグフードには、なるほどのこだわりがつまっていました。

毎日食べても飽きないおいしさ

国内産の原料着色料や保存料を一切使わず地球環境や命の循環を大切に作られたペットフードが「鹿のめぐみ」です。国内産の鹿肉を100%使用していることから、この名前がつけられています。

20170528_shika_01.jpg
鹿のめぐみ 一般食 / 4,860円(税込)

野生の鹿肉を使用するため、一般的な家畜のようなえさではなく、野生のえさを食べているので、鹿肉自体がとてもナチュラル。ドッグフードって、たくさんの種類を常に準備しておくのは大変なので、毎日食べても飽きないおいしさをコンセプトシンプルで上質なペットフードにこだわったそうです。

20170528_shika_02.JPG
<左から>野生鹿ドライトライプ / 1,620円(税込) 野生鹿ジャーキー / 1,296円(税込) 野生鹿スティック / 1,944円(税込)

なんと、おやつもありました。「人間も食べることができる」という理念のもと、加工、製造されています。

森を守るために野生の鹿を

「鹿のめぐみ」が、野生の鹿肉だけで作られているのは、実は、いま全国各地の森では、野生の鹿が増え続けることによる被害があるからです。鹿が木の皮を食べ、枯れてしまうことで、森が消滅してしまっては生態系が崩れます。ハンターも減少し、捕獲量は全体の10%にも満たないのだとか。

20170528_shika_03.jpg

さらに野生鹿の場合、ジビエとして人間が食すには、2時間以内に処理しなければいけないという規定があり、私たちの食卓に上るためには人手不足なのだそう。とはいえ、十分新鮮なので、ペットフードならおいしくいただけると作られたのが「鹿のめぐみ」。森を守り、鹿の命を無駄にしたくないという想いから生まれた、環境にも愛犬にも優しいペットフードです。

同時に、「綿のめぐみ」というメイドインジャパンにこだわったオーガニックコットンドッグウェアも登場。

20170528_shika_04.jpg
綿のめぐみ タンクトップ / 4,644円(税込)

ナチュラルで安心素材のドッグフードやウェア。環境保護にもつながると思うと、人間も愛犬たちもハッピーになれそうです。

森から海へ

林 ゆり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    森を守る活動から生まれた無添加ドッグフード「鹿のめぐみ」

    FBからも最新情報をお届けします。