1. Home
  2. MIND
  3. 1時間半に1回のぼんやりが、脳の活性化につながる

1時間半に1回のぼんやりが、脳の活性化につながる

1,460

片岡理森

1時間半に1回のぼんやりが、脳の活性化につながる

ニュースを見たり、メールをチェックしたり、1日のスケジュールを考えたり、私たちのは朝からフル稼働。やることがいっぱいで、休んでる暇なんかありません。でも、ふと作業の合間や移動の最中に、何も考えずにぼんやりと空を見つめている時があります。ハッと我に返って「こんなことしてる場合じゃない」と頭を振るように仕事へ意識を戻したりすることも。

あの「何もしていない一定の時間」が、じつは脳にとって必要な時間だったという意外な研究結果があるそうです。

「ぼんやり」がもたらすメリット

スタンフォード大学客員講師で、脳機能睡眠の研究を行う精神科医西多昌規先生によると、ぼんやりする時間こそ現代人に必要なのだとか。

現代人は、仕事や家事の忙しさに加えてすきま時間にはスマートフォンを使ったりと、脳が休まる時間が少なくなっています。この状態が続くと脳の一部だけが過剰に働いてストレスが溜まり、脳の健康にもよくありません。ぼんやりすることで過剰な活動が抑えられるだけでなく、脳に思わぬメリットをもたらすことが最新の脳科学から明らかになっています。(中略)ぼんやりしているとき、脳では記憶を整理したり、自分自身について考える場所が活性化します。ここは認知症で衰える場所と関連することもわかっているんですよ。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

どうやら、怠けてると思っていたぼんやりする時間は、私たちにとって欠かせないの脳の活動のひとつだったようで、ちょっと得した気分。

効果的に「ぼんやり」する方法

そうとわかれば積極的にぼんやりしたいところですが、不思議なことに意識するとなかなかできません。いつ、どのように取り入れるのが効果的なのでしょうか?

意識すればするほど、何か考えてしまいがち。そんなときにおすすめなのは、呼吸に意識を向けること。ゆっくり呼吸するように意識すると副交感神経が高まって、ぼんやりモードになれますよ。(中略)おすすめなのは、1日の終わりに熱過ぎないお風呂にゆっくりとつかる時間です。副交感神経が高まり、リラックスに最適。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

他にも大事なポイントとして、「しっかり集中する時間があってこそ、その後のぼんやりする時間が活きてくるので、集中とのメリハリが大切」とのこと。たしかに、ぼんやりがムダじゃないからといってずっとぼんやりしていては何も前に進みません。何かに集中したら、60~90分に1回ぼんやりする時間を取るのがいいそう。2~3分ほどゆっくり深呼吸するだけでも効果があるようです。

呼吸に意識を向けるなんて、手軽な瞑想みたい。これからは、罪悪感なくぼんやりしたいと思います。

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由