1. Home
  2. EAT
  3. ダイエット中のおやつに。ドイツ人が注目する栄養食「ビルトン」

ダイエット中のおやつに。ドイツ人が注目する栄養食「ビルトン」

3,593

キュンメルめぐみ

ダイエット中のおやつに。ドイツ人が注目する栄養食「ビルトン」

"無農薬"や"遺伝子組み換えでない"など、「食品の選択」に関する話題はつきないもの。環境問題や健康にとても気を使うドイツ人の大好きなテーマのひとつでもあります。そのなかで最近良く耳にするワードが「Biltong(ビルトン)」。

添加物不使用で作る、肉を乾燥させたスナック

一見するとまるでビーフジャーキーのようなビルトン。その名前の由来はオランダ語で、「BIL(牛の臀部)」と「TONG(細長く切ったもの)」。アメリカ合衆国農務省(USDA)からの認可を受けてアメリカ国内ではじめてビルトンづくりを開始した「Biltong USA」によると、製造工程についても、味も、栄養価にも大きな違いがあるといいます。

従来のビーフジャーキーは塩気が多く、また保存料や香辛料・さらに着色料などを使用していました。それに比べビルトンは、物が不足していた400年以上前から南アフリカナミビアで作られていた方法で、自然のものだけを使用しているのが特徴。まず肉を細長く割いたものに酢をかけ、6~8時間冷所で寝かせます。これにブラウンシュガーコショウコリアンダーなどを混ぜた香辛料を良くすりこみ、2週間ほど空気乾燥させます。水分が抜けて小さくなった頃あい(重量が40~50%ほど減ったら)を見て、パッキングして完成。半生のビルトンの消費期限は約3週間、一方、ドライビルトンは約2年間持つようです。

スポーツ栄養食、ダイエット中にぴったり

2010年からEUへ輸入されるようになったビルトン。従来のビーフジャーキーに比べて、プロテインは同じぐらい摂取できるにもかかわらず、極端にカロリーが抑えられています。また、余計な化学調味料を使用していないので肉本来のうまみが引き出され、甘味があり、格別おいしいところがアスリートダイエット中の人にも人気のヒミツかもしれません。

ヘルシーなパーティー・スナックやおつまみにも良さそう。

軟らかさ・大きさ・味もセルフメイドの自家製のビルトンを作る人が急増中。

美味しそうな色! 和牛のビルトンは肉好きのグルメな女性もきっと納得。

日本ではまだあまり見かけないかもしれないので、時間のあるときに手作りに挑戦してみては?

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 大臀筋のストレッチで腰痛予防。デスクワークが多い人におすすめ

    2. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    3. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    4. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    5. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    6. 「ホットフラッシュ」の対処法。人目につくから余計につらい...

    7. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    8. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    9. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    6. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    7. 大臀筋のストレッチで腰痛予防。デスクワークが多い人におすすめ

    8. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら