1. Home
  2. STYLE
  3. 蚊よけもかゆみ止めも、ドイツ発メディカルハーブでケア

蚊よけもかゆみ止めも、ドイツ発メディカルハーブでケア

蚊よけもかゆみ止めも、ドイツ発メディカルハーブでケア

日に当たるとすぐ赤くなってしまう敏感肌なので、紫外線対策日焼け止めは1年中欠かさないのですが、本格的な夏が近づくとさらに気になるのが。なかなか虫刺され跡が消えなかったり、かきこわしてしまったり。蒸し暑いときはシンプルなスキンケアとメークで済ませたいのに、いろんな対策を加えるほど塗り重ねることに。

そんななか、夏の厚塗りストレスを解消してくれそうなケアアイテムが登場しました。

天然成分100%で蚊よけ、紫外線対策

それは、ドイツ・マリエン薬局 自然療法ショップから発売された「蚊よけ・かゆみ止め用メディカルハーブローション」と「蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ」。

201705_marien_01.jpg
<左>蚊よけ・かゆみ止め用メディカルハーブローション 35ml / 2,780円(税込) <右>蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ 35ml / 2,980円(税込)

まず、「蚊よけ・かゆみ止め用メディカルハーブローション」は、予防効果だけでなく、刺されたあとのかゆみ止めや炎症回復にも高い効果があるのが特徴。天然成分は肌にやさしくて何度でも塗り重ねられるのでうれしいのですが、気になるのはその効力。成分に配合されている天然ココナッツオイルに含まれているラウリン酸が、虫を引き付ける人のにおいをシャットアウトするのだとか。蚊の生態を研究して作られていてなんとも頼もしい。

また、ワイルドローズ種子オイル、ホホバオイル、純正の天然由来のビタミンEが、日焼けや冷房などでダメージを受けやすくなってる夏の肌を保護・保湿だけでなく、強くしてくれます。これ1本で虫対策と乾燥ケアはバッチリです。

虫よけとUVケアを1本に

そして、そんなローションの虫よけ効果はそのままに、SPF20UVケア効果がプラスされたのが「蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ」。紫外線を反射する二酸化チタンの働きで、肌に負担をかけず紫外線をカット。ビタミン、ミネラルに加え、皮膚のダメージを回復して炎症を抑えるスイートアーモンドといった保湿成分のほかに、日焼けで傷ついた肌を修復するワイルドローズも配合されています。

天然由来成分の安全性と蚊よけ、かゆみ止め効果まで兼ね備えたこれまでにないケアアイテム。それぞれ80mlサイズも用意されているので、家族みんなで使いたくなりました。これからの季節、買物やお散歩などのちょっとした外出はもちろん、旅行やアウトドアにも常備しておきたいです。

ドイツ・マリエン薬局 自然療法ショップ

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    蚊よけもかゆみ止めも、ドイツ発メディカルハーブでケア

    FBからも最新情報をお届けします。