1. Home
  2. STYLE
  3. 蚊よけもかゆみ止めも、ドイツ発メディカルハーブでケア

蚊よけもかゆみ止めも、ドイツ発メディカルハーブでケア

蚊よけもかゆみ止めも、ドイツ発メディカルハーブでケア

日に当たるとすぐ赤くなってしまう敏感肌なので、紫外線対策日焼け止めは1年中欠かさないのですが、本格的な夏が近づくとさらに気になるのが。なかなか虫刺され跡が消えなかったり、かきこわしてしまったり。蒸し暑いときはシンプルなスキンケアとメークで済ませたいのに、いろんな対策を加えるほど塗り重ねることに。

そんななか、夏の厚塗りストレスを解消してくれそうなケアアイテムが登場しました。

天然成分100%で蚊よけ、紫外線対策

それは、ドイツ・マリエン薬局 自然療法ショップから発売された「蚊よけ・かゆみ止め用メディカルハーブローション」と「蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ」。

201705_marien_01.jpg
<左>蚊よけ・かゆみ止め用メディカルハーブローション 35ml / 2,780円(税込) <右>蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ 35ml / 2,980円(税込)

まず、「蚊よけ・かゆみ止め用メディカルハーブローション」は、予防効果だけでなく、刺されたあとのかゆみ止めや炎症回復にも高い効果があるのが特徴。天然成分は肌にやさしくて何度でも塗り重ねられるのでうれしいのですが、気になるのはその効力。成分に配合されている天然ココナッツオイルに含まれているラウリン酸が、虫を引き付ける人のにおいをシャットアウトするのだとか。蚊の生態を研究して作られていてなんとも頼もしい。

また、ワイルドローズ種子オイル、ホホバオイル、純正の天然由来のビタミンEが、日焼けや冷房などでダメージを受けやすくなってる夏の肌を保護・保湿だけでなく、強くしてくれます。これ1本で虫対策と乾燥ケアはバッチリです。

虫よけとUVケアを1本に

そして、そんなローションの虫よけ効果はそのままに、SPF20UVケア効果がプラスされたのが「蚊よけサンケアクリーム SPF20 ウォータープルーフタイプ」。紫外線を反射する二酸化チタンの働きで、肌に負担をかけず紫外線をカット。ビタミン、ミネラルに加え、皮膚のダメージを回復して炎症を抑えるスイートアーモンドといった保湿成分のほかに、日焼けで傷ついた肌を修復するワイルドローズも配合されています。

天然由来成分の安全性と蚊よけ、かゆみ止め効果まで兼ね備えたこれまでにないケアアイテム。それぞれ80mlサイズも用意されているので、家族みんなで使いたくなりました。これからの季節、買物やお散歩などのちょっとした外出はもちろん、旅行やアウトドアにも常備しておきたいです。

ドイツ・マリエン薬局 自然療法ショップ

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 東洋医学の「気」を整える発想に注目した、リトアニア生まれのアロマオイル【プレゼント】

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. もう離れた方がいい? パートナーとの危機を乗り越えるための8つのこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 運動しない人が、運動を思わず続けたくなるコツ

    9. 「折れない心」の作り方。誰でもできるストレスマネジメント

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    2. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 体重を減らすベストな方法は? ビヨンセの失敗から学ぼう

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう