1. Home
  2. STYLE
  3. 何かを夢中でやってる人のストーリーの語り手に。秀島史香さんインタビュー【後編】

何かを夢中でやってる人のストーリーの語り手に。秀島史香さんインタビュー【後編】

何かを夢中でやってる人のストーリーの語り手に。秀島史香さんインタビュー【後編】

今年3月にベルギーから帰国してすぐ、ラジオDJ・ナレーターとして精力的に仕事に取り組んでいる秀島史香さん。前回はラジオDJを目指した理由やベルギーで感じたことについて伺いましたが、今回は帰国後の生活や普段心がけていること、そしてこれからの話です。

生活のペースを決めて、心地よい毎日を過ごす

20170522_fumika_1.jpg――家事と仕事でお忙しそうですが、ご自宅でも仕事の準備をしたりするんですか?

この仕事はいろいろな時間に連絡が来ますが、娘のいる前では、なるべくパソコンを開かないようにしています。子どもがコミュニケーションを取りたいときにこちらが仕事をしていると、それを気にしてしまうんです。子どもがいなくても、たとえばデート中に「ごめん、仕事の連絡入っちゃった」みたいなのはイヤじゃないですか。

――なるほど。でも、そうすると自分の時間があまりとれないのでは?

早起きできるようになったので、自分の時間も作れていいペースで過ごしてます。結婚するまではいつも仕事のことが頭を離れず、気が休まりませんでした。でも今はメリハリがつけられるようになり、将来のビジョンも見えてきたおかげで楽になりました。

――ご家族がいて、仕事をしない時間があることがいい方向に作用してるんですね。

ええ。以前は夜遅くまで働くことで達成感を得ていましたが、本当は朝早く起きてやったほうがうまくいくんです。今、朝は5時過ぎに目が覚めますが、あの気持ちよさはいいですね。夜は9時ごろに娘を寝かしつけ、疲れているとそのまま寝てしまいますが、余力がある時にはそっと起きて11時過ぎまで何かをして、日付が変わる前には寝るようにしています。

――1日の流れができているから、頭もからだも気持ちよく過ごせるんですね。

じつは30代のころ、体調を崩したことがあったんですが、それも生活を見直すきっかけになりました。病気になって初めて、自分にやさしくない生活をしてきたと気づかされたんです。

この間、ハワイ在住のヨガインストラクターの方に、「生活時間を太陽の動きと少しでも近づけるようにすると調子もよくなる」とアドバイスされたんですが、それは理にかなったことなんですよね。そもそも人間はそういう生活をしてきたんですから。

経験を声に重ね、長く仕事を続けたい

――では、将来のことをお聞きしたいのですが、今後についてどんなふうに考えていますか?

死ぬまで声の仕事を続けたいと思っています。ラジオやナレーションの世界には女性の大先輩がたくさんいるし、年を重ねるに従い、それまで見聞きしてきたものや、触れてきたものが声にのってくると思うんです。声はきれいなだけが決していいものではないので、これからどんなふうに変化していくのか楽しみです。

具体的には、ドキュメンタリー番組が好きなので、人を追ったり、その人を語ったりする仕事をやっていきたいですね。スーパースターや有名人じゃなくても、何かを夢中でやってる人のストーリーは面白いと思います。

今、41歳ですが、10年後、どんなことを見聞きして、どんなことが語れるかということも楽しみですね。

――これからいろいろな経験をし、年を重ねて仕事にも深みを持たせて......と、楽しみなことばかりですね。

今でも新しい発見が毎日あって、本当に楽しいです。この間、いつも前を通っていた建物に初めて入る機会があって、中の様子を見たときも「こんなことをしてるんだ」という驚きがありましたし、これから娘が小学生になったときには、学校の教材も自分の子どものころとは違って楽しいかもしれない。いろいろなことを意識的に見ていれば、毎日違う発見ができます。街をながめていても、面白いと思うことがいろいろありますよ。

――ベルギーから戻ってきて改めて感じることもありますか?

日本人は他人の目を気にしすぎかもしれませんね。ベルギーだけでなく、ヨーロッパではみんな好きな服を着てるし、英語にしても、母国語のなまりがあったり、片言だったりしても、それが当たり前という雰囲気で、興奮すると母国語になっちゃう人もいました(笑)。でもそれでいいんですよね。

――『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』が、私たちの気持ちを軽くしてくれそうです。

私はネガティブな考えを積み重ねてしまいがちでしたが、そういうときに「別に大丈夫じゃない?」と言ってくれる人がたくさんいました。だから、この本を通して「一人で悩んでいるのはもったいないし、あまりいいことがない」という考えをシェアできればと思っています。

悩むより行動に移し、誰かとコミュニケーションをとってほしいですね。

20170522_fumika_22.jpg......子どものころ、ラジオDJに勇気づけられたという秀島さん。今は声の仕事、そして『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』を通して、私たちに勇気を与えてくれています。

>>秀島さんインタビュー前編へ

お話を伺った方:秀島史香さん

神奈川県茅ヶ崎市出身。音楽的知識欲は言うまでもなく、ライブから映画までアーティストに関する情報収集に余念がない。FM局のDJ、TV・CMのナレーション、絵本の読み聞かせ、通訳や字幕翻訳、美術館の音声ガイド、機内放送、コラムや音楽レビューといった執筆活動などで活躍中。『SHONAN by the Sea』(日曜6:00~9:13/Fm yokohama)『Please テルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』(JFN各局)『趣味どきっ!』(月曜21:30~21:55/Eテレ)『あしたも晴れ!人生レシピ』(金曜20:00~20:45/Eテレ)『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(土曜24:50~25:15/テレビ東京)出演中。[ブログ][インスタグラム]

[いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則]

北舘和子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    2. 強く引き締まった足を目指す! 自宅でできる、ふくらはぎを鍛える5つのワークアウト

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 夜中に目覚めて眠れない...。寝つけなくなる5つの理由

    5. 寝苦しい夜にリフレッシュ。簡単にできるアロマの楽しみ方3つ

    6. 水筒にスポーツドリンクは要注意! 食中毒になる可能性も

    7. 「心停止」と「心臓発作」の違い。知っていると、誰かの命を救えるかも

    8. 歯ぐきや口臭には赤ピーマン。おいしい3つの食べ物で、白く輝く歯を守る

    9. 暑さに負けない! 管理栄養士がすすめる「疲労回復食材」と成分リスト

    10. さらにクリーンに、さらに使いやすくなった「エコベール食器用洗剤」

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    3. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    4. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    5. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    6. 夜中に目覚めて眠れない...。寝つけなくなる5つの理由

    7. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    8. 食べたい衝動に負けない5つの方法と、ヘルシーな食生活の最新情報6つ

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    3. 麺類を食べても太らない3つのコツ

    4. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    5. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    6. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    7. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    8. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    9. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

    10. 人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

    何かを夢中でやってる人のストーリーの語り手に。秀島史香さんインタビュー【後編】

    FBからも最新情報をお届けします。