1. Home
  2. MIND
  3. カップルがうまくいくポイントは「共通のプロジェクト」

カップルがうまくいくポイントは「共通のプロジェクト」

1,632

冠ゆき

カップルがうまくいくポイントは「共通のプロジェクト」

フランスの大型ホームセンター「Leroy Merlin(ルロワメルラン)」が2017年3月放送を始めたプロモーションビデオは、若いカップルが、家ごと大海に漕ぎ入れ、マイホームを作っていくさまを描いています。時には、嵐に遭い、座礁することもありますが、青い空の下ペンキを塗り、家の改装を手掛ける2人は生き生きとしています。

カップルが常に前に進むために

実際、カップルがうまくいくために「Psychologies」の記事が挙げる重要なポイントのひとつは「共通のプロジェクトを持つこと」です。

「カップルというのは、もともとが弱い基盤の上に成り立っているので、具体性をなくしては続かないものだ。プロジェクトのないカップルは、眠ってしまう恐れがある」

(「Psychologies」から翻訳引用)

と説明するのは、精神分析医のRobert Neuburger(ロベール・ヌービュルジェ)氏。確かに、同じ目的に向かって進む2人は、意見交換に多くの時間を割くでしょうし、話し合いによって、お互いの共通点と相違点も再認識することでしょう。これまで知らなかったパートナーの新たな側面を発見して、相手を見直したり、新鮮な気持ちになったりもするはずです。たとえ、意見のかみ合わない点があっても、共通の目的を前にすれば、お互い譲歩することも学べそうです。

プロジェクトがプラス作用するのに必要な条件

ただし、プロジェクトさえ持てば、壊れかけた関係が修復されるわけではないと、同誌は釘を刺しています。カップル・セラピストのCatherine Serrurier(カトリーヌ・セリュリエ)氏によれば、

「カップルに一番必要なものは、対話」

(「Psychologies」から翻訳引用)

これをなくして、むやみに大きな計画を立ててみても、2人の溝は拡がるばかりというわけです。ヌービュルジェ氏も、習慣を怠らないことの大切さを説いています。

「習慣は音階で、プロジェクトは音楽」

(「Psychologies」から翻訳引用)

なので、共通のプロジェクトを計画する前に、例えば、定期的に2人でディナーに行くなどの習慣をもち、普段から向き合う姿勢が大切だと説いています。

誇りを得て、人生に充実感を

普段からちゃんと向き合っているものの、最近2人の関係が停滞気味かな? と感じる時は一度、共同プロジェクトを練ってみると良いかもしれません。なにも家の改装計画のような大きなものである必要はありません。週末の計画や、一緒に絵を描いたり、ピアノの連弾をしたりといった小さなプロジェクトで良いのです。

また、私見ながら、具体的なプロジェクトを常に頭において生活することは、カップルに限らず、毎日を生き生きと過ごすための鍵であるようにも思えます。

「家をつくることは、容易なことばかりではないけれど、あなたの誇りになるだろう」

Publicité Leroy Merlin 2017 - l'aventure d'une vieより翻訳引用)

とは冒頭プロモーションビデオのナレーションですが、この「(成し遂げれば)誇りになる」というのは、人生におけるすべてのプロジェクトに共通するように思えます。

小さなものであっても、自分の定めた目的をひとつずつやり遂げながら生きることで、自信がつき、誇りを持て、次のステップへと進む勇気を得る。それを繰り返せば、人生の充実感は、かなり高いものになるに違いありません。

Psychologies

image via Shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?