1. Home
  2. STYLE
  3. ペットボトルが生まれ変わったのは、アディダスの海色シューズ

ペットボトルが生まれ変わったのは、アディダスの海色シューズ

1,368

ぬえよしこ

ペットボトルが生まれ変わったのは、アディダスの海色シューズ

夏の予感がする5月。海色のランニングシューズに呼ばれました。

ペットボトル11本がこのシューズに

20170510_adidas1.jpg

アメリカで5月10日に発売される、「アディダス」の「ウルトラブースト」シリーズの新作3点「ULtraBOOST Parley」「Parley UltraBOOST X」「UltraBOOST Uncaged Parley」。驚くべきは、その素材。海のプラスチックゴミからできているんです。一足には平均ペットボトル11本が使われています。

もちろん、同社自慢のランニングシューズ「ウルトラブースト」シリーズだから、フィット感や安定感といった機能性だってバッチリ。とっても履きやすそうだし、なんといっても夏っぽい色が気に入りました。どこの海からきたのかしらと思わずにはいられません。

アディダスのリサイクル努力

これまでもリサイクル素材のシャツなどを販売、世界中の店舗ではビニール袋から紙袋へ変更したりと、リサイクル努力を重ねているアディダス。今年じゅうにこのシューズを100万足生産する予定だそうです。アディダス ジャパン広報によると、現時点では日本での取り扱いはないそうですが、日本でも販売されたらいいですよね。海ゴミからできた「ウルトラブースト」を履き終わったら、ストアに返して、再度リサイクルの輪に戻せたらもっといいなと思いました。

夏のランニングだけじゃもったいない。ふだんの暮らしにも、この海色シューズで心地よいステップを取り入れたくなりました。

adidas,Fortune

Photos Courtesy of Adidas USA

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?